オルビスユー(化粧水)などのメリット・デメリットについて専門家がわかりやすく解説!

与えるだけのエイジングケアに終止符を。

肌本来の力を生かして美しくするアプローチを研究し、中からうるおいで満たす。それがオルビスユー。

最近肌の調子が悪い、と思う時がありませんか?30代を過ぎ、いつものスキンケアが効かなくなってきた、毛穴が目立つ、顔色が暗い、化粧のノリが悪い、何をしても肌が乾燥する・・・その悩みにアプローチするスキンケアシリーズ「オルビスユー」です。

オルビスユーとは

オルビスユーは30代からのエイジングケアブランド。エイジングケアといえばもっと上の年齢を想像するかもしれませんが、シミやシワ、たるみだけがエイジングサインではありません。

これまで感じることのなかったお肌の不調、その原因は、30代からの停滞による肌の細胞脱水。

角層細胞のうるおいが減少すると、肌細胞はシワシワに。うるおいに満たされることでハリ感を手に入れた細胞はみずみずしく輝きます。そこでオルビスユーは、角層の奥にある3つの層(角層、表皮、真皮)すべてに縦横無尽に水が駆け巡るための水の通り道をつくり、停滞を解消。

お肌の分岐点である30代からの不調肌を、明るく押し返すようなみずみずしい肌へと導きます。見た目年齢が変わる!実感できる。そんな環境活性メカニズムで、自分の肌をセルフコントロールすることを目標とします。

創業以来、水の力に注目し続けてきたオルビスだからこそ見出すことができたブランドコンセプトです。

オルビスユーのラインナップ

オルビスユーは3アイテムというミニマムな商品構成。肌の力をあますところなく活かすラインナップをみてみましょう。

オルビスユーウォッシュ 120g

パッと明るい洗い上がりで化粧水浸透感が見違える。モロッコ溶岩クレイ配合の、ブースター洗顔。毛穴の汚れや皮脂などの顔曇りを一掃し、垢抜け感のある澄んだ肌印象にスイッチ。うるおいを肌へ引き込む保湿成分「ハイドロキャッチ成分」が、化粧水の浸透感を高め、透き通る洗い上がりへ。

オルビスユーローション 180mL

目指したのは「濃密さ」と「軽やかさ」を同時に叶える感触。「とろぱしゃ」とした、手に取った時に驚きのとろみ、パシャッと弾けるみずみずしさ。その後肌にギュンッと染み込んでいくような使い心地で、肌はべたつかずしっとり。

とろけるみずみずしさが染みわたり、内側から湧き上がるハリ感を。

オルビスユーモイスチャー 50g

スフレチーズケーキの絶妙な満足感を得られる食感をイメージした、ジェリームースのようなテクスチャー。吸着性に優れたハリヴェール成分がお肌にピタっと密着。濃密なうるおいでハリ感を与える、新触感スフレジェリーです。

オルビスユーのメリット

オルビスユーのメリットについて考えてみます。

最初に思いつくのは、やはり30代のエイジングケア商品ということ。エイジングサインというとシミやシワ、たるみなどの明らかな肌老化をイメージしがちですが、実は30代特有のエイジングサインに対応するスキンケア商品はなかなかありません。

メリット① 30代のエイジングケア商品

最近特にスキンケアを変えたわけでもないのに、肌の調子が何か違う。昼になると化粧崩れが目立つようになってきた。日焼けをしたわけでもないのに顔色が冴えない。ちょっとした変化なのですが、肌科学の観点から見ると確かなエイジングサイン。このサインを見落として年齢を重ねることで、はっきりとしたシワやしみ、たるみ、くすみへとつながっていきます。30代の肌にあえてアプローチしているところがオルビスユーのメリットです。

メリット② シンプル3ステップ

次に、オルビスユーは、洗顔料、化粧水、保湿液というシンプルな3ステップの商品構成になっています。最近では多くのラインナップがあり、至れり尽くせりのブランドもありますが、どれを使えばいいのかわからない、全部揃えるとお金が・・・。オルビスユーは、肌環境を整えること。このひとつに注力することで、落とす、満たす、フタをするというシンプルでありながら、それぞれの商品が最大限に生かされるよう処方されています。だから、3ステップであっても満足の使用感、自信をもっておすすめできる3商品になっています。

メリット③ ポーラと作っている

最後に、オルビスはそもそもポーラのグループ会社。ポーラ・オルビスグループなので、オルビスユーの商品開発もポーラ化成工業の研究所とともに作り上げられています。ポーラといえば1929年創業の老舗企業、またその研究ノウハウ、理念に基づき確かな商品を世に送り出しています。ブランドへの信頼感や成分へのこだわりなど、使う側としては安心できるのではないでしょうか。

オルビスユーのデメリット

では、オルビスユーのデメリットをみていきます。

デメリット① ウォッシュとの相性

洗顔料、ウォッシュの口コミをみていると、つっぱりを感じる、乾燥する、刺激があるという声がいくつか見られました。ブースター洗顔であり、溶岩クレイが使われていることから、毛穴汚れや角質のざらつきに対して効果的なのですが、一方で脱脂力が強く刺激を感じるという方も。

少量で泡立ち、さっぱりとした使用感で気に入っているという声も多かったのですが、乾燥肌、敏感肌の方はまずはトライアルセットで試してみてください。オルビスユーの7日間体験セットは、3商品の7日間分に加え、オルビスユーマスク、今治抗菌タオルまでついてきて税込1000円の超お得セットです。トライアルセットで肌との相性やテクスチャーを試すことで、本商品購入の失敗がなくなります。

デメリット② テクスチャーの好みがある

オルビスユーの開発者の方々は、テクスチャーにとことんこだわっています。「濃密さ」と「軽やかさ」を同時に叶える感触だそう。100以上の試作を作り、「自分が感動できるかどうか」を判断基準として仕上げたそうです。

保湿力の高いオルビスですが、脂性肌の方などは少し重めのテクスチャーに感じてしまうかもしれません。肌質は人それぞれですので好みがあるのですが、特にオルビスユーのテクスチャーは特徴があるので、好きな人はこれじゃなきゃだめ!というほど好んで使われています。デメリットといえるのかはわかりませんが、こちらもぜひ一度トライアルセットで試してみてから検討してみてください。

オルビスユーの口コミは?

それでは、実際にオルビスユーでエイジングケアを行っている方の口コミを探してみました。

・ずっとスキンケアジプシーだったのですが、やっと落ち着いて使っていけるものを見つけました!オルビスユーをライン使いしてます。しっかり汚れはとってくれるのに必要な潤いを残してくれてる使用感で、洗顔後の肌を触るとカサつきはないのにサラサラすべすべで好感触です! 泡立ちもいいので少量で済んでコスパも良い!まだ使い始めて1ヶ月なのでこれからも使い続けて様子を見ていきたいです!

・今までこれより少し上の化粧水を色々と使用してきましたが、ここまで効果を実感したのは初めてです。自分に合うものだと、化粧水だけでこんなに潤うんだとびっくりしました。ファンデも綺麗にのるようになりました。高級なものは買えないので、価格帯もありがたいです。

・ライン使いしています。少量でもちゃんと保湿できるのでコスパが良いです。一日中モチモチして乾燥しません。

コスパがいいという口コミが多くみられました。価格帯としては中価格帯であり、ラインナップも3つと簡潔なのでラインで使いやすい、少量で足りると評判でした。またオルビスへの信頼感が高く、近くにいる肌がきれいな人が使っていたからという声もいくつか見られました。30代になると人によって肌がきれい、ちょっと疲れ気味、年齢の割りには・・・などとばらつきが出始める時期。自分至上最高の状態を維持していきたいものです。

まとめ

スキンケアは女性にとって当たり前に毎日行うもの。明日はもっと美しくなれる。そんなワクワクした気持ちを思い出させてくれるのがオルビスユー。年齢に抗うのではなく、年齢を味方にして、自分らしく歳を重ねていければ素敵だと思います。

そのためにも、肌ダメージと上手に向き合い、付き合うことが大切。肌本来の力を活かすことを追求したオルビスユーは、細胞の外から中までたっぷりの水で満たす特別な処方。30代からのエイジングケアは決してはやすぎることはありません。今気づいたあなたは確実に40代、50代の肌に違いがあらわれます。ちょっとしたお肌の不調を見逃さないで、思い切ってスキンケアを変えてみてはいかがでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました