シニア世代の女性の化粧品への関心度

そもそもシニア世代とは何歳から何歳までを指す言葉なのでしょうか。最近では一昔前と変わり、60歳であってもまだまだ若いという認識ですね。定義は様々なようですが、おおよそ50代から70代を指すのではないでしょうか。

化粧品への関心が高い世代は20代から4,50代。60代以降になるとメイクアップよりもスキンケアの重きを置く傾向がありましたが、最近では70,80代の女性であってもメイクアップへの関心が高いというデータがでています。

インターネットの発達によってより簡単に、自分が欲しい情報を得やすくなってきていることから、テレビや雑誌だけにはとどまらないシニア世代の化粧品への関心度が浮き彫りとなってきています。

シニア世代が必要とするのは、エイジングによるシミ、しわ、くすみ、たるみに対する効果的なスキンケア。これは40代から始める人が多く、継続して続けていくものになります。またそれに加え、最近ではまつ毛美容液やマツエクなど、年齢問わずポイントメイクにも手を抜かない若いシニア世代が増えてきています。昨今の化粧品はその機能性の高さもあり、また「シワ改善」をアピールしたものも出てきています。スキンケアによって、より若く、より美しくお肌を保つことで、気持ちから元気になるのが女性というもの。多くの情報の中から自分が欲する商品や知識を得て、年齢に関係なく自分磨きに励んでいる女性が多いようです。

また以前に比べ身だしなみやファッションへの関心も高く、トータルで美へのこだわりが高いシニア世代が増えているということがわかりました。それではシニア世代が化粧品でポイントを置くところは?これはやはりお肌の土台をしっかり整えること。肌のうるおいを保持し続けるスキンケア商品を探し、皮脂分泌量も減少しているのでオイルスキンケアも取り入れてください。しっかりとうるおったお肌には、その後のメイクアップも驚くほどはえます。お肌のくすみに対しても美白効果のあるスキンケアを取り入れてみるのも大切。メイクアップで欠点を隠すというよりも、より生き生きとした肌色、血色をアピールすると若々しい印象を与えるでしょう。

女性はいつまでも美しくありたい気持ちをもっています。その手助けをする化粧品が今は豊富に販売されていますので、ぜひ情報収集してみてください。

タイトルとURLをコピーしました