専門家が教えるオイル美容のデメリットについて!

オイル美容という言葉をよく聞くようになりました。正しく使えば美肌には最強のオイルも、ちょっとした使い方の間違いや選択ミスでかなりのデメリットとなってしまうことも。「一体どうすればいいの?」と思っている女性も多いのでは?

またオイルといえばべたつくテクスチャーが嫌いで敬遠しているという話もよく聞きます。あとは価格がお高め。質がよくなればなるほど手が出しづらいのが現実です。ただし、オイル美容、そのメリット、デメリットさえしっかり把握しておけばおすすめしない理由はありません。ぜひご参考に。

オイル美容の心配ごとは?

まずはオイル美容とは、美容オイルを使ったスキンケアのこと。特に年齢肌や乾燥肌の悩みを抱えている人にとってはぜひ取り入れたい美容法です。お肌に水分が必要なことはみなさんおわかりかと思いますが、そんなに油が必要なのか疑問に思うかもしれません。

通常、お肌の皮脂は皮膚の水分の蒸発を防いでくれる役割があり、天然のクリームと言われるもの。ただ季節や年齢によって、皮脂が出るまでに時間がかかり、その間に肌表面から水分が蒸発しやすくなってしまうのです。その結果、肌が乾燥しバリア機能が低下することでお肌が敏感な状態になり肌トラブルをまねくことになります。

その代わりとなるのが良質なオイル。肌に水分をしっかり閉じ込めることで乾燥を防ぎ、シワやたるみ、また肌に柔軟さを与え、透明感がでてきます。これまでのスキンケアでは乾燥が気になる・・・そんな女性は一度オイル美容を足してみてはいかがでしょうか。

ではどんなオイルがいいのでしょうか?

オイルと一言で言ってもその種類は豊富。化粧品でよく使われるのはホホバオイル、アルガンオイル、ツバキ油、ココナッツオイル、グレープシードオイルなどでしょうか。化粧品用として販売されているオイルであれば、オイル単体のもの、他の原料と混ざっているものなど色々あります。オイルはべたつくから嫌!という使用感に苦手意識がある方もいらっしゃると思いますが、サラッとしたテクスチャーでお肌にスッとなじむオイルもあります。自分にあった商品を選んでください。

また、日中に使うと酸化しやすいためにシミの原因となるオイルもあり、それは夜用となっています。逆に酸化しにくいオイルは日中使用してもダイジョウブ。例えばワセリンやシアバターなどは油やけしません。ココナッツオイルやホホバオイルは日焼け止め効果が高いと言われていますし、使う種類やタイミングをしっかり勉強してからオイル美容を行ってください。

オイルはボディから顔、髪まで、時にはリンパを流したり、ぱさつきを押さえたり血行を促したりと万能。スキンケアとしては皮膚の保護からブースターとして、つや感や保湿感UPと、特に年齢肌の悩みを抱える女性にとってはお助けアイテムです。皮膚に近い成分で刺激となる化学物質も入っておらず、敏感肌の方にもおすすめです。

またにきびのできやすい人は、悪化してしまうのではと勘違いされているかもしれませんが、オイル、油がにきびの直接の原因ではありませんのでご心配なく。基本は水分と油分をバランスよく補給し、本来あるべき肌の状態を作るケアをすること。そのためにもオイル美容のデメリットをしっかり把握して使ってみてください。

タイトルとURLをコピーしました