シミじゃなくて肝班だった?!肝班の原因と対策

女性なら誰しもシミの悩みに直面するもの。シミと言えば40代以降の年齢肌特有のものと思われがちですが、20代から「もしかしてシミ?!」と驚いて鏡とにらめっこすることもあります。しかし、実際はそれ「シミ」ではなく「肝班」の可能性も。肝班の特性と見分け方を知ってしっかりと対処していきましょう。

肝班(かんぱん)とは、主に女性の両頬に左右対称にできる薄茶色にできるシミ。肝班ができる主な原因は女性ホルモンの乱れです。主に頬骨の高い部分に、もやもやとした薄茶色のシミが左右対称に発生するので、自分のシミの状態をよく観察してみてください。

女性は一生涯女性ホルモンに左右される生活を送っていると言っても過言ではありません。女性ホルモンのバランスが崩れがちである30代後半から50代前後の女性に肝班はできやすいのですが、妊娠中、またピルの使用によってホルモンバランスが変化する時にもよく発生します。最近では女性の社会進出によってストレスの影響でホルモンバランスが崩れ、肝班が濃くなることも。他にも日焼けや紫外線、レーザー治療は肝班を悪化させるそうです。

対処法は、女性ホルモンのバランスを整えること。例えば基本的な生活習慣を整える、睡眠をしっかりとり、バランスのよい食生活を続けることが大切です。また紫外線対策をしっかり行いましょう。

シミは肝班の他に老人性色素班、炎症後色素沈着、そばかすなどありますが、肝班は比較的消すことができるもの。実際放置しておくと、60代前後には女性ホルモンの関係でほぼ消失するそうです。ただし、そうはいっても常に肝班がお肌にある状態はストレスにもなりますので、できるだけケアしたいものです。

現在では皮膚科で肝班かシミかを見極めてもらい、適切な飲み薬や塗り薬を処方してもらえますし、市販でもトラネキサム酸を服用することで効能効果が認められています。明らかに肝班であると判断できる場合はぜひチャレンジしてみてください。自分ではわからない人は専門医に相談してみて。シミは放置していても改善はなかなかしません。お肌のターンオーバーを促し、紫外線対策を日々行うことでくすみがちなお肌を整えていきましょう。

また、40歳を超えると自分の体では作り出せないもの、消失していく肌に必要な成分があります。そういう場合はサプリメントで補うことも必要です。スキンケアだけではどうしようものないこともあります。はやめはやめのケアで若々しい健康なお肌を。

タイトルとURLをコピーしました