40代からは女性ホルモンを意識して生活しよう

年齢とともに、痩せにくくなった、むくみ、冷えなどの体調の変化を感じる女性が多いという話はよく聞くでしょうし、実際そうだったと思い当たる人も多いはず。このような体調の変化は、女性ホルモンのバランスが崩れているサインかもしれません。

女性ホルモンという言葉はよく聞くでしょうが、実際その働きをしっかり理解している人は少ないでしょう。女性ホルモンには卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステロン)の2種類があるのですが、閉経が近づくにつれホルモンの働きが低下し減少していきます。

特にエストロゲンは発汗や体温調整、血流に関わる自立神経をコントロールする働きがあります。そのためホルモンバランスが崩れると、その影響を受け自立神経のバランスも乱れやすくなるというわけです。

自律神経の乱れは美容やダイエットの大敵です。自律神経には交感神経と副交感神経の2種類があります。心と体を緊張させて興奮状態に導く交感神経。反対に心と体を鎮めてリラックス状態に導くのが副交感神経。このふたつがバランスよく機能していると自律神経が整っている状態といえます。自立神経が乱れると肌荒れやにきび、睡眠不足による目の下のくまなど、美容にも大きな影響を与えます。精神的にもイライラしたり落ち込んだり。またエストロゲンが減少すると筋肉量が減少するとも言われており、そのため太りやすく、代謝が悪くなるのです。

ちょっと体調がおかしいな、と思ったら女性ホルモンのせいかと疑ってみてください。昨今では様々な対策がネット上でも示されていますし、ひとりで悩まず病院でみてもらうのもひとつの方法です。食生活を変える、ストレスを軽減させるなど、普段の生活を見直す機会なのかもしれません。40代からは女性ホルモンを安定させて自律神経を整える。自立神経は自分でコントロールできないもの。だからこそこのことを意識して生活するだけで内側、外側の様々な不調と上手につきあっていけるのだと思います。

タイトルとURLをコピーしました