専門家が教える化粧品の使用期限について

化粧品の使用期限を意識していますか?例えば化粧品の多くは未開封で3年という使用期限がおおよそ決められています。会社によっては独自の使用期限を設けているところもあります。しかし、例えば日焼け止めは開封後ひと夏で使い切るという暗黙のルールがあります。そういうことを知らずに使い続けていると、化粧品そのものの効果も半減するでしょうし、お肌にダメージを与えることにもなりかねません。

なぜ未開封で3年が多いのか、というと、化粧品の中身(バルク)を作った際、バルクにどのくらいの防腐力があるのか試験を行います(防腐力試験)。また低温、高温でもにおいや品質が劣化したり、固まる、ゆるくなるなどの形状変化がないかチェックを行います。この試験によって、雑菌に触れることなく保管できていれば、3年間は多少の温度変化でも品質を保持できるという証明がなされるので、その後製品として出荷されるのです。化粧品は出荷前に必ず品質検査を行う必要があります。この試験をパスして初めて市場に出回っています。

また防腐力試験は、あえて数種類の菌をバルクに塗布、あるいは混ぜ、その後バルクの防腐力が強ければそれらの菌を殺してくれる、弱ければ菌が増殖するという試験を行います。そのため、化粧品の防腐剤は必要不可欠なものですし、クリームなど手で取って使うものであれば当然多少の菌が入り込んでいるはずなのですが、長期間安定した品質を保っているのも防腐力があるためなのです。

ただし、あくまで開封後は長くとも1年以内には使いきりたいもの。防腐力があるので多少の菌では大丈夫ですが、洗面所や風呂場など水気の多いところでの保管、想定以上の保管環境では長持ちしません。理想は開封後1~2ヶ月以内。あれこれと化粧品を使い分けている人は、数年物を保持していたりもするのですが、菌が増殖していれば肌トラブルを引き起こしかねません。においや状態、色が以前と違うと思ったらすぐに捨てましょう。

リップは口紅などは 基本的にはひとつの商品を買ったらそれを使い続けることも化粧品の効果を感じるためには大切なこと。肌のターンオーバー周期を考えれば、時間をかけてお肌が変わっていくので短時間であれこれ使えば何がよかったのか、悪かったのかわからなくもなります。化粧品の品質のためにも、お肌のためにも購入した日、使い始めた日を意識して美しいお肌を目指してみてください。

タイトルとURLをコピーしました