エイジングケアを始める年齢は何歳から?

年齢とともにお肌の悩みが出てくるのは当然のこと。それに対抗すべく日々女性の方々はケアを怠らないで美しくあるため、化粧品選びに余念がありません。若い頃であれば思春期ニキビやストレスによる肌荒れ、乾燥が主な肌トラブルですが、年齢を重ねるごとにシミやシワ、乾燥、くすみ、たるみなどトラブルのオンパレード。

これらのエイジングサインに対して行うスキンケア等をエイジングケアと広く呼んでいますが、果たして世の女性達は何歳頃からエイジングケアを行っているのでしょうか?

まずは10代。10代といっても小学生から大学生、社会人と幅広いですが、この時期は思春期特有のにきびや毛穴の開き、皮脂の過剰分泌に悩む時期で、まだまだ年齢肌とは無縁。そのためエイジングケアは必要ありません。

では20代では?よく若い時からエイジングケア化粧品を使うと肌を甘やかしてダメにする、という話を聞くかと思います。肌が甘えることがあるかは別として、肌がそもそも必要としている成分なのか、ということを考えてほしいと思います。ケアせずとも自らの力で補い、回復し、トラブルがないのであればエイジングケア化粧品を使う必要はありません。個人の肌質や状態、季節によっても異なります。

また20代で発生するしわなどは極度の乾燥からきているのかもしれません。年齢肌に起こるコラーゲンの現象によるシワとは違いますので、まずは保湿をしてみて改善されるかどうか確認を。

エイジングケアとは、美容業界において、年齢に応じたお肌のお手入れのことを指します。おそらくエイジングケア化粧品のターゲットは30代以降。肌のごわつき、目尻の小じわ、小さなシミなど、よくよく見るとあらわれるサインが30代頃。このサインを見逃さず、エイジング化粧品へ先手を打って移行できるかできないかが将来のお肌の状態を左右します。まだまだ気持ちは若くあっても、お肌は正直。人と比べるのではなく自分のお肌と相談してエイジングケア化粧品を取り入れていくことが大切です。

また少しでもエイジングサインを感じたら日頃の生活習慣を見直してみて。例えば食事内容や睡眠時間、就寝時間、ストレスの度合いなどはお肌の状態に想像以上に直結しています。体も若い頃は何を食べても太らなかった、病気にならなかったとしても、年齢を重ねていくごとに体重が増える一方であったり病気がちになりますね。これは若い頃からの積み重ねにもよります。お肌も一緒で、若い頃からの蓄積が年齢を重ねた時にシワやシミ、乾燥という症状を伴って現れてくると心得ておいてください。エイジングケアは自分のお肌と相談して、必要だと感じた年齢から。現在は多くのエイジングケア化粧品があり、価格もまちまち。その時々、自分のお肌と相談しながら明るく前向きにスキンケアに取り組んでみてください。

タイトルとURLをコピーしました