無印良品 導入化粧液のメリット・デメリットについて専門家がわかりやすく解説!

今やインスタやブログで目にしない日はないというほど多くの人に指示されている無印良品。見た目のシンプルさと品質のよさ、そのコンセプトは女性男性を問わず、また家具から服飾、食料から化粧品にいたるまで、無印で揃わないものはないというほど多くの品数を誇ります。

その中でもここ数年特に人気商品として台頭してきたのが無印のスキンケア用品。エイジングケアシリーズ、敏感肌シリーズ、オーガニックシリーズなど、それぞれのニーズを的確に掴み、その売上も年々上昇しています。

そこで、今回私が特に注目している無印良品の導入化粧液について、そのメリット、デメリットに焦点をあててみたいと思います。

無印良品の導入化粧液とは

まず、導入化粧液とは?という方のために簡単に説明します。一般的には導入化粧水、もしくはブースターと言われるのですが、洗顔後にこの導入化粧水や美容液を使うことで、その後の基礎化粧品の浸透をよくしてくれるというものです。肌の角質をほぐし、やわらかくしてくれる働きがあり、特に年齢とともに肌のごわつきやうるおい不足を感じる方にはぜひ使ってほしいスキンケアアイテムとなっています。

無印良品の導入化粧液は、化粧水前に使うことで驚きの浸透力ともっちり肌を実現してくれると、SNSや口コミで瞬く間に話題に。爆発的なヒット商品となり、現在も売れ続けているアイテム。

岩手県釜石の天然水を使用し、美肌成分が浸透しやすい肌に整えるプレ化粧水です。天然うるおい成分としてツバキ種子エキス、ミツバアケビ茎エキス、ジャノヒゲ根エキス、コメヌカエキス、スベリヒユエキスの5種類の植物エキスと、アンズ果汁を配合。

無香料、無鉱物油、無着色、弱酸性、パラベンフリー、アルコールフリー。大容量400mL2290円、200mL1290円、携帯用50mL290円と3種類のバリエーションがあります。

無印良品の導入化粧液のメリット

それでは、導入化粧液のメリットを挙げてみましょう。

メリット① コスパがよい

導入美容液や化粧水は他社からも販売されており、価格も様々。無印の場合、容量が多くその割にはお安いのでコストパフォーマンスはかなりいいです。またその後の化粧水の浸透がよく、翌朝肌がもっちりと仕上がっているということからも、気休めではない高品質さがうかがえます。

メリット② その後のスキンケア効果を高めてくれる

導入化粧液とはそもそも、その後のスキンケアの浸透をよくしてくれる働きがあるので、メリットとしてあげるのは当然なのですが、やはりこれまで使っていなかった方には驚きでしかないでしょう。スキンケアに1アイテムプラスするのは意外と面倒と感じる方も多いのですが、使い始めてしまえば、何はなくとも導入化粧液という人続出のアイテムです。

メリット③ 好きな使い方ができる

無印の導入化粧液は手にとったり、コットンに塗布したり、スプレーで吹きかけるなど、自分なりの使い方ができます。単品でスプレーヘッドポンプヘッド、コットン専用のものまで揃っているので有難いです。こういう細かい配慮ができるのが無印の魅力であり、使い続けたいと思わせるところなのかもしれません。

無印良品の導入化粧液のデメリット

次に、デメリットはあるのかみていきます。

デメリット① 効果がわからない

口コミをみていると、低評価の人は必ずといっていいほど「効果がわからない」という感想でした。中にはプラシーボ効果ではないかと言う人まで。こればかりは自分のお肌との相性もあるため、まずは携帯用サイズからお試ししてみてはいかがでしょうか。口コミなどがかなり高評価なため、期待しすぎて大容量サイズをいきなり購入しないほうがいいでしょう。

デメリット② アイテム数が増える

これまでは洗顔後に化粧水、美容液やジェル、クリームという流れでスキンケアを行っていたと思います。これに、導入化粧液を加えることで、コストと時間がかかってしまいます。少しのことですが、意外に面倒と感じる人が多いのがアイテム数の増加です。年齢とともに機能性重視となってきて、目元にはアイクリームを追加するなどただでさえシンプルスキンケアから遠ざかります。そのため、アイテム数が増えるのは仕方のないことではありますが、デメリットとしてあげてみました。

無印良品の導入化粧液の口コミは

・40代ですがやはり化粧水をつけても乾燥しやすくなり化粧崩れが気になってきたので、使い始めました。お風呂上がりすぐ導入液をたっぷりつけて、コットンで化粧水をつけるようにしていますが、だいぶ改善されたように感じています。

・何本リピートしたかわからないくらいリピートしてます。単なる水?ってくらい無刺激で匂いもないのに、これを使うのと使わないのでは全然肌の状態が違う…。たまに肌荒れして敏感肌用の化粧水でも刺激を感じることがあるんですが、導入化粧液はそんなときでも刺激を感じずに使えています。導入化粧液を使ってから化粧水を使うとしっかり肌に入る感じがするし、肌のベタつきやテカリも緩和する感じ。小さいボトル版もあるので出張時にも持っていけるのがとても便利でありがたい!

・口コミが凄かったので、購入してみました。価格の安さからそこまで期待せずだったのですが、効果大!でした!乾燥肌よりで、季節の変わり目は特に乾燥するのですが、使用すると化粧水の浸透の仕方が全然違って潤い方が全く違いました!今まで潤いに不満は無かったのですが、導入液なしで過ごしたらファンデのノリ、ヨレ、悪くてビックリ。以前使用していたデパコスのものはここまで効果を感じなかったので、衝撃でした!これは必ずリピートします。

無印は広告を出しませんが、口コミやブログ、SNSでその人気に火がつき、瞬く間に人気商品となりました。価格からそこまで期待していなかった人も、もう手放せないという口コミが多く、導入化粧液の力を見直す人が多い印象です。

お肌の受け入れ態勢が悪いと、その後どんなにいいスキンケアを行っても効果は半減です。無印の導入化粧液はしっかりとその仕事を行っていることがよくわかりました。

まとめ

成分的にも刺激を感じたという人がとても少なかったので、そこもメリットのひとつでしょう。実感する人は使った直後からその後のスキンケアの浸透力と翌朝の肌のもっちり感に驚くのですが、期待とは裏腹に感じることができなかったという人とわかれてしまうようでした。

乾燥が気になる方、もっとスキンケアの効果を高めたい方、まだ使ったことがないという方は、まずはコスパ抜群の無印良品の導入化粧液でお試しください。テクスチャーこそ水のようですが、もしかしたら手放せない存在として長いおつきあいになる商品かもしれません。口コミ評価がいい商品というのは、自分の中での期待値がかなり上がってしまいます。まずは自分の目で確かめる。これに尽きます。

無印良品
無印良品は衣服、生活雑貨、食品という幅広い品ぞろえからなる品質の良い商品として、1980年に生まれました。現在、全世界で700店舗を超え、商品アイテムは、約7,000品目を扱っています。
タイトルとURLをコピーしました