ミノンアミノモイストのメリットとデメリットについて専門家がわかりやすく解説!

製薬会社が敏感肌を考え開発した、低刺激性スキンケアブランドのミノンは、環境やストレスにより誰でも敏感肌になる可能性を視野に入れ、肌とアミノ酸の関係性に着目し、肌に負担をかけさせないスキンケア商品を展開しています。

そんな肌への優しさと美しさを追求して処方されたミノンの乳液について、あらゆるメリットやデメリットを調べてみました。

ミノンのブランド情報や特徴について

「やさしさだけじゃ物足りない!」「現在以上のうるおいが欲しい」そんな声からミノンは、低刺激をモットーに、敏感肌を健やかに美しく、手応えのあるスキンケアを目指しました。

体の中の約20%はアミノ酸で構成されており、うるおいに満ちた肌にも深くかかわっています。そんなアミノ酸に着目したミノン商品は、敏感肌・乾燥肌ラインと、敏感肌・混合肌ラインのシリーズに分け、それぞれの肌悩みに合わせたスキンケアを施しています。

大人の肌は自己責任であるため、誰でも敏感肌になる可能性を考慮し、ミノンアミノモイストがサポートしていきます。
ミノンは製薬会社が本気で敏感肌を考え、すこやかさと美しさの両立を追求したフェイシャルケアシリーズです。

ミノン乳液の成分からわかる効果について

保潤アミノ酸と呼ばれる、バリン・トレオニン・セリン・ロイシン・プロリン・ヒスチジン・グリシン・アラニン・アルギニンの9種の天然保湿因子を構成し、高い保湿力を持ち合わせた肌に欠かせない成分を独自のバランスで配合しています。

さらに、アミノ酸系セラミド類似成分であるラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル)が、角質層の隙間に浸透、細胞間脂質をサポートし、ポリクオタニウム-61という潤い膜成分が皮脂膜のように肌表面を覆い、なめらかな柔らかい肌へと導きます。

9種のアミノ酸・アミノ酸系セラミド類似成分・うるおい膜成分に加え、角質層の保湿力を発揮するリシンHCI・アミノ酸誘導体のカルノシンの2種の清透アミノ酸を配合し、保湿力をアップさせています。

また、香料・着色料・アルコール・パラベン・紫外線吸収剤は不使用で、肌に優しい弱酸性の処方となっています。

口コミからわかるメリット・デメリットとは?

アミノ酸を主成分とし、低刺激でありながらも高い保湿力を持ち合わせた乳液は、実際に効果を実感できるものなのでしょうか。口コミから詳しく調べていきます。

乾燥敏感肌ですが肌も荒れず、荒れていてもしみないです。 今まで使ったどの乳液よりも1番しっとりして、保湿力も1番長持ちします。 こっくりとしたテクスチャーなのにベタつかず、メイクの邪魔にはなりません。

万年ニキビ肌ですが、これをつかって肌荒れはありませんでした。 乾燥もすることが全くない。むしろもちっと潤います。 使ってみて、テカテカすることがなかったので保湿力足りないかも?と一瞬思いましたが、そんなことはなく、もちっとしっとりした肌になります。

刺激はなかったけれど、サラッとした仕上がりで保湿感が足りず乾く印象。 ベタベタしないのはよいが私の肌には潤いがたらない気がしました。 ディスペンサーで使いやすかったです。

製薬会社が敏感肌を考えたスキンケア商品であることからか、刺激を感じず肌が荒れない乳液として人気が高いようです。保潤アミノ酸やセラミド類似成分により、しっとりした保湿で潤いが保たれ、質感の改善に効果を実感されている方がとても多く見受けられました。

しかし一部の口コミでは、肌に合わずかゆみが出てしまった・赤みが出てしまったなど、肌にアレルギー反応が現れてしまった方がいるようです。さらに乾燥が目立つ方には、保湿力が物足りないと個人差が生じてしまうこともわかりました。

メリットとしては、低刺激処方で高い保湿力・ハリとツヤの効果を期待できる・べたつきを感じない使用感であることがあげられますが、使用される方によって敏感肌の方でも、アレルギー反応が出てしまう方がおり、保湿力が感じられないというデメリットがあるようです。

価格とコスパはどうなのでしょうか?

商品名モイストチャージ ミルク
価格2,000円※サイトによって変動有り
容量100g
使用期間約1カ月

公式サイトでの販売はされていないため価格はそれぞれ異なってきますが、高くても2,000円で購入ができます。使用目安量に沿って使用すると、約1カ月で消費すると考えられますが、敏感肌を考慮した成分面や口コミからのメリットをみると、安い価格となるのではないでしょうか。

コンパクトなサイズで持ち運びが可能であり、日中のアイメイクが崩れた時などにも活用しやすく、使い勝手のいい乳液なのではないかと思います。

成分・価格・口コミからわかるモイストチャージ ミルクの評価

天然保湿因子・細胞間脂質・皮脂膜の3つの要素の働きにより保湿成分を作り、角質層内に水分を蓄えていく力がもともと肌には備わっています。この3つの要素が十分にあることで理想的なバリア機能を保ち、美しい肌をつくり上げていきます。

天然保湿因子は角質層で水分を含み、保持する役割がありアミノ酸は肌のうるおいの素となる大切な成分です。天然保湿因子を構成したアミノ酸と、セラミド類似成分・うるおい膜成分がまとめて配合されているのがミノンのモイストチャージミルクです。

高い保湿力とバリア機能をサポートする成分が配合されている優れた乳液ということがわかりますが、価格的にもお手軽で購入しやすいと思われます。

肌に刺激があったという口コミもほとんどなく、しっとりとなめらかな肌質へと効果を実感された方が多く、期待値が高い乳液なのではないでしょうか。

敏感肌・乾燥肌の方へ すこやかに、美しく ミノン アミノモイスト|第一三共ヘルスケア
うるおい満ちてキメ・ハリ・つやのある肌へ。製薬会社が敏感肌・乾燥肌を考えてつくった低刺激性スキンケア。

匂いや使用感はどうでしょうか?

香料は不使用なのでにおいはなく、香りが強いスキンケア商品が苦手な人でも気兼ねなく使用することができます。

使用感は、コクのある濃厚なテクスチャーで伸びも良く少量でもスッと肌全体に広がります。肌馴染みも良くべたつきを抑えしっとりとした感触が心地よく肌に潤いを与えてくれます。

敏感肌の方でも安心して使用できるように低刺激で処方されており、高い保湿力と肌バリア機能をサポートする効果が期待できる商品ですので、使用感がいいと感じるのであれば、使い続けることでカサついた肌に潤いを与えて、荒れにくく揺らぎに強い肌へと導きます。

モイストチャージ ミルクのターゲットは?

ミノン商品は、肌を労わりながら元々の素肌の美しさを目指したいと願う方達のスキンケアシリーズです。
環境やストレスによって揺らぎやすくなってしまう肌、敏感肌に悩む方たちの本音に応えるべく、低刺激処方を守りながら肌質に合わせたケアを提案しています。

様々な要因で肌のバリア機能は低下しやすくなってしまい、肌荒れを引き起こしやすい肌になります。そんな敏感な肌に効果を期待できるのが、本来肌にあるアミノ酸やセラミドなどを配合したミノンのモイストチャージミルクとなり、荒れてしまった肌に効果を発揮するのだと思います。

一番安く購入できる方法は?

公式サイトでは販売されていないので、通販サイトで購入する場合は1,787円のアマゾンが一番安い価格となっています。送料を含めるとどのショップも価格が上がってくるので、通販で購入する際はアマゾンが良いと思います。

薬局やドラッグストアでも取り扱っており、価格的には2,000円以下なので継続して購入しやすい価格なのではないかと思います。もし近くに取扱店があるのであれば、送料が発生しないことを考えても、ネット価格より少し高くてもお得に購入することが出来ます。

単品購入での通販は、なくなるタイミングと届くタイミングを合わせて注文しないと、なくなったときに商品が使えなくなりますので、ストックとして1つ多めに購入しておくなど、対策が必要ですが、取扱店が近くにある場合は、買い物ついでに購入ができるので継続しやすいといえます。

まとめ

どんな肌質でも、刺激が強いものであれば適したスキンケアは出来ません。肌の負担を考慮した低刺激処方を追求し、もともと体の中のうるおいの素となるアミノ酸に着目してできたミノンのモイストチャージミルク。

肌が荒れているときも刺激を感じず、伸びの良い馴染みやすさでべたつきを抑えた使用感により、うるおいのあるもちもちの肌へ効果をもたらします。乾燥を防ぐ高い保湿力を持ちながら、価格もお手頃なところはメリットと言えます。
デメリットとしては、保湿力がもの足りない・赤みが出てきたなどの口コミがところどころ見受けられました。どんな人にも効果を期待できるスキンケア商品は、ほぼないとされているので、肌に合わないなどの個人差が生じてきてしまうところです。

またトライアルとして、メイク落とし・洗顔料・化粧水・乳液の1週間セットがあるので、肌刺激が心配な方は試しに使用してみるのがいいかもしれません。

敏感肌・乾燥肌の方へ すこやかに、美しく ミノン アミノモイスト|第一三共ヘルスケア
うるおい満ちてキメ・ハリ・つやのある肌へ。製薬会社が敏感肌・乾燥肌を考えてつくった低刺激性スキンケア。

ミノンモイストチャージ ミルクの全成分紹介

BG保湿・溶剤
グリセリン保湿
キシリトール保湿
リンゴ酸ジイソステアリルエモリエント
ジメチコン皮膜形成
アラキルアルコール保湿
ベヘニルアルコール乳化剤
ペンチレングリコール保湿
ミツロウ保湿
(アクリル酸ヒドロキシエチル/アクリロイルジメチルタウリンNa)コポリマー乳化安定剤
ステアリン酸グリセリル乳化剤
アラキルグルコシド乳化剤
フェノキシエタノール防腐
スクワランエモリエント
トリメチルシロキシケイ酸皮膜形成
シクロペンタシロキサン溶剤
カプリル酸グリセリル防腐
ポリソルベート60界面活性剤
グリチルレチン酸ステアリル抗炎症・美白
キサンタンガム増粘
ジメチコノール皮膜形成
カルノシン皮膚コンディショニング剤
ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル)エモリエント
ヒスチジン保湿
タウリン保湿
リシンHCl保湿
ポリクオタニウム-61保湿
グルタミン酸保湿
グリシン保湿・美白
ロイシン保湿・美白
ヒスチジンHCl保湿
セリン保湿
バリン保湿
アスパラギン酸Na保湿
トレオニン保湿・美白
アラニン保湿・美白
イソロイシン保湿・美白
アラントイン抗炎症
1,2-ヘキサンジオール保湿・防腐
フェニルアラニン保湿
水添レシチン界面活性剤
アルギニン保湿
プロリン保湿
ラウリン酸ポリグリセリル-10界面活性剤
チロシン保湿
イノシン酸2Na保湿
グアニル酸2Na保湿
タイトルとURLをコピーしました