マークスアンドウェブのメリット・デメリットについて専門家がわかりやすく解説!

マークスアンドウェブ(MARKS&WEB)は、一見すると海外のオーガニックブランドのような雰囲気を漂わせていますが、日本で生まれたデイリープロダクトのブランドです。ブランド名の「MARKS」にはお気に入り、「WEB」には広めるという意味が込められています。

赤ちゃんから大人まで、年齢や性別問わず必要不可欠な毎日の生活に欠かせないデイリープロダクト(日用品)。マークスアンドウェブが考えるお気に入りを、香りや素材、使い心地など、その日その時の気分で選べるバリエーションを取り揃えています。

ナチュラル志向の方から絶大な支持を集めているマークスアンドウェブのメリット・デメリットについてわかりやすく解説します。

マークスアンドウェブとは

マークスアンドウェブは植物由来の原料を中心とした商品設計を行っています。精油やハーブウォーター、果実由来エキスなどの安全性の高い原料を厳選。さらにフェイスケアアイテムの原料として配合している水にもこだわり、富士山の伏流水を使用。様々な工程を経て不純物を除去し原料としました。

また植物の葉や花、果実から抽出した天然精油で日々の疲れを癒しリラックスできるよう配慮。植物の恵を最大限に生かして素材の力を引き出したアイテムで人気のブランドです。

その中でも特にスキンケアは人気で、毎日使い続けることができる確かな品質と価格。クレンジングや洗顔料、美容オイル、化粧水、美容液、乳液など、数種類のラインアップを揃え、肌質にあった商品選びができるのも特徴です。

マークスアンドウェブが着目する成分は「ヒト型セラミド(バイオセラミド)」。酵母を利用して生成されたもので、ヒトの角質層に存在するセラミドとほぼ同等の化学構造を持ちます。肌への刺激が少なく、保湿力や浸透力に優れ、肌なじみもいい原料になります。

年齢を重ねるごとにセラミドが減少していくと、水分保持能が低下しお肌のバリア機能も弱まります。肌が敏感になった、揺らぎやすくなった、何をしてもうるおいを感じられない。そんな方に足りないのはセラミドかもしれません。季節や年齢にあわせたケアを推奨し、1年を通してキメの細かい状態を保つことが理想となります。

マークスアンドウェブのメリット

マークスアンドウェブのスキンケアについて、メリットはどのようなものなのかみていきます。

メリット① 価格が安い

例えば人気商品の化粧水、ハーバルウォーターであれば230mL1200円ほど。天然水に精油、天然発酵アルコールなどこだわりの成分を使っていながら価格はお手頃です。見た目の高級感やブランド力はありながら毎日使い続けることができる価格設定が支持される理由です。

メリット② バリエーションが豊富

マークスアンドウェブはバリエーションが豊富。香りが選べたり、詰め替え用があったりと、企業的にはバリエーションが増えるだけでコストがかかるのですが、使う側の視点に立った商品展開をしてくれているなぁと思います。人の好みは様々なので、その時の気分で使い分けたり、家族でも違う好みがあるので専用で分けたりと、有難いシリーズ展開となっています。

マークスアンドウェブのデメリット

次にデメリットを挙げてみましょう。

デメリット① アルコール

お肌に優しいイメージのマークスアンドウェブですが、アルコールが使用されている商品があります。さっぱりした使用感と、また植物成分を抽出する際の溶剤としてアルコールを使用するので入っているのだと推測されます。アルコールが肌にあわない方、また高保湿を求める方には向かない商品があるかもしれません。

デメリット② 効果が感じられない

スキンケアに保湿力や美白など、何かしらの効果、機能性を求めている人には物足りない感は否めません。もちろんお肌が整った、しっとりする、使い心地がいいとその使用感に満足している人は多くいますが、一番に感じるのはやはり香りのよさ。香りで選んでいる女性が圧倒的に多いようです。全体的にテクスチャーはさっぱり目なので、それで充分な方であれば様々なバリエーションを楽しむことができるので満足できるようです。

マークスアンドウェブの口コミは

実際愛用している方の口コミは参考になります。いくつかピックアップしましょう。

・これが本領を発揮するのは、肌にトラブルが発生している時!肌に、本当に負担がかからないので、ちょっとずつ回復していきます。なんと言っても、処方がいいのか、使用感が絶妙。2度3度と重ねづけすると、しっとりと感じられてきます。拭き取り化粧水として使えるのもGOOD香りも6種類あり、どれも天然の香油なので、気分によって買い替えられるのもいいですよね。

・少し前に激しく炎症など起こして、いったん落ち着いたけれど、しばらく慎重にいこうとこちらに還ってきました。水、エタノール、BG、ラベンダー油、クエン酸、クエン酸Na。とってもシンプルなので、逆に、めざましい効果っぽいものはありません。乾燥する季節にはちょっと厳しいかなとも思います。ずーっと使い続けているのではないけれど、肌が荒れると必ず戻ってきてしまう。瓶もラベルも、値段も、お店の雰囲気も……そしてラベンダーの香りが好き。最愛の化粧水です。

・使用感はかなりさっぱりめです。毎日のスキンケアで使用すると、私には保湿力不足のようで、皮脂が結構出てしまいました。なので、日中の収斂化粧水として使用しています。MARKS&WEBの商品すべてに言えることなのですが、本当に香りが優しいです。種類もいくつかあるので、好きな香りを選べるところも嬉しいです。個人的には容器(茶色の斜光瓶)が大好きで、化粧台に並べておくだけでテンションがあがります☆コスパも良いと思います。私のような使い方だと1年近く持ちますし、普通に毎日のスキンケアに使用しても結構持つのではないでしょうか。

・使用感はかなりさっぱりめです。毎日のスキンケアで使用すると、私には保湿力不足のようで、皮脂が結構出てしまいました。なので、日中の収斂化粧水として使用しています。MARKS&WEBの商品すべてに言えることなのですが、本当に香りが優しいです。種類もいくつかあるので、好きな香りを選べるところも嬉しいです。個人的には容器(茶色の斜光瓶)が大好きで、化粧台に並べておくだけでテンションがあがります☆コスパも良いと思います。私のような使い方だと1年近く持ちますし、普通に毎日のスキンケアに使用しても結構持つのではないでしょうか。

コスパのよさ、かおりのよさへの評価が特に目立ちました。保湿力不足に対する声もありましたが、それぞれ工夫して好んで使用しているようです。また見た目のよさに定評があります。

まとめ

マークスアンドウェブはこだわりの国産ブランド。「選ぶ楽しみ」を感じてもらうため、強みである香りのバリエーションの豊富さを生かし、その日その時の気分で生活をより豊かにしてもらいたい。そんな気持ちのこもったブランドなので、一度気に入った方は長く愛用し、ラインナップでそろえる方が多いようです。

スキンケアをする上で、香りはとても重要な要素で、ともすれば無香料がもてはやされる昨今であっても、やはりリラックス効果、癒しは求められているのだなぁと感じさせてくれるブランドです。

2000年に東京で生まれ、石鹸で有名な松山油脂株式会社の新事業としてモノづくりがはじまりました。日用品だからこそ使う人にとって身近な存在でありたい。そんな思いが広がりつつある商品展開です。

MARKS&WEB
MARKS&WEB(マークスアンドウェブ)は、暮らしに寄り添うデイリープロダクトを提案するブランドです。フェイスケア・ヘアケア・ボディケアなどの自然派化粧品と、生活雑貨を取り扱っています。
タイトルとURLをコピーしました