マナラ ホットクレンジングゲルのメリット・デメリットについて専門家がわかりやすく解説!

ホットクレンジングゲルといえばマナラと言われるほど人気と知名度のあるブランド。「自分がいいと確信を持てるものでなければつくらない」という創業からのポリシーで、売れる製品よりも人の役に経つ製品を作り続けています。

女性の人生を輝かせる感動化粧品「マナラ」。肌が変われば人生が変わる。マナラとは「とても」という最上級を表す意味の北海道の方言の造語。女性にとって決して大げさなことではなく、年齢を重ねるごとに大きくなっていく切実な悩みをサポートするブランドであるマナラの化粧品のメリット・デメリットについて、化粧品に詳しい筆者の視点から解説します。

マナラとは

マナラを代表するホットクレンジングゲルは累計販売本数1,000万本を突破する大人気商品。

当時35歳だった社長が40代に間違われ、自分の肌に合う化粧品を探し続けたもののなかなかめぐり合わず、「欲しい化粧品がなければ自分で作ればいい!」と立ち上げたのが株式会社ランクアップです。

実感と安心をモットーに、クレンジングや洗顔料、美容液からサプリメントなどのラインナップを取り揃えています。常にお客様の立場で製品開発から品質管理、サポートまで様々な取り組みを実践し、新たな製品を生み出し続けています。

女性は美しくなるために化粧品を使う、だからこそ使って肌に変化がなければ意味がない。当たり前のことを気づかせてくれるマナラは、実感できない製品を売りません。

マナラ ホットクレンジングゲルについて マナラ製品の中でもメイク落としは人気No.1。美容液成分91.3%配合で、クレンジングなのにまるで美容液のように潤います。お肌に伸ばすとほんのり温かくなるのが特徴。

日本で一番売れているホットクレンジングとして6年連続売上シェアNo.1を誇ります。このクレンジングゲルはW洗顔不要、しっかり落とすのに肌にやさしく、特に毛穴が目立つ人におすすめの商品。

パパイン酵素が角質を柔らかくして、温感ゲルが角栓をゆるめます。ゆるんだ毛穴にオリーブ油メドウフォーム油が働き、毛穴の汚れを溶かしゲルが汚れを吸着。お肌に負担をかけることなく毛穴の黒ずみ汚れを根こそぎからめ取ります。3種の植物成分や6種のコラーゲンがしっとり、ハリ肌ケアをしてくれるのでしっかりクレンジングしながらも乾燥を防いでくれます。

マナラのメリット

それでは早速マナラのメリットについて解説します。

肌の負担になる成分は配合しないのがマナラ。毎日美しい素肌を目指すため安心安全な成分を厳選して配合しています。

メリット① 7つの無添加

着色料、合成香料、鉱物油、石油系界面活性剤、エタノール、パラベン、紫外線吸収剤不使用です。最近では「無添加」という言葉が当然のように言われますが、条件が限られていればそれだけ処方を組むのは難しいこと。肌への安全性、テクスチャー、クレンジング力などのバランスをとるために試行錯誤されたことは言うまでもありません。

クレンジングの悩みとして多いのは、乾燥が気になること。メイク汚れはしっかり落としたい、でもその後の肌のつっぱりや乾燥が気になる。特に乾燥肌の女性は乾燥を加速させる悪循環に陥りがち。そんな悩みの女性におすすめしたいのがマナラ。

メリット② 乾燥しない

美容成分が91.3%も入っているうえ、つっぱり感もなく洗いあがりはしっとり。また洗顔をしてクレンジングをするというW洗顔もいらないので不要なものだけ落として必要な潤いを残すので肌に必要以上の負担をかけません。忙しい女性には時短にもなりストレスも減ればお肌にだってよい影響が。相乗効果であらゆる女性の味方になってくれるアイテムです。

では、美容液成分91.3%の中身とは?

メリット③ 美容液クレンジング

まずコラーゲンをサポートする6種の成分。さらに洗い上がり後のうるおいをキープするセラミドをはじめローヤルゼリーエキス、スクワラン、ヒアルロン酸。さらには透明感あふれる肌へ導くハイドロキノン誘導体、油溶性ビタミンC誘導体、チャ葉エキスなど。クレンジングの本来の機能は「落とす」ことですが、それ以上にお肌のために贅沢にうるおい成分を入れている、ここがマナラのクレンジングの特徴でもあります。

マナラのデメリット

次に、マナラのデメリットについて。他の化粧品と比較して相対的に判断した私なりのデメリットになります。

デメリット① 濡れた手では使わないほうがよい

最近ではお風呂場でも使えるように、濡れた手でも使えるクレンジングもありますが、マナラのクレンジングゲルは、水気があるとゲルとメイクが馴染まずメイクが落ちません。入浴時に使う場合は水気を拭いてから使ってください。

また価格についてですが、通常購入で4000円ほどと、一見するとクレンジングとしてはお求め安い価格ではありません。内容量200g、夜のみの使用で約2か月分ですが、この価格には理由があります。

デメリット② 価格が高い

確かに毎日使うものだから安いに越したことはありませんのであえてデメリットにあげましたが、価格が高いのは原料にあると思います。

ホットクレンジングゲルの最大の特徴は温感。温かくなるのは植物由来の保湿成分であるグリセリンによるもの。グリセリンは気温や空気中の湿度で暖かくなるため、肌にのせた際に温かさを感じるのです。グリセリンはよく化粧品に入っているものですが、そのほとんどは少量。しかしマナラの場合かなりの量が配合されているため温かさを感じるのです。

グリセリンは安い原料ではありませんので高濃度で配合すればそれだけコストがかかります。容器などのパッケージにはあまりお金をかけず、製品の中身そのものにお金をかけているということが理解できます。

マナラの口コミ

ロングセラーを続けているマナラのホットクレンジングゲルを実際使っている方の感想を調べました。

・柑橘系の香りと、ゲルの温かさがかなり心地よいです。ゆっくりとメイクを溶かすように落ちるのですが、肌に負担がないのがかなり気に入ってます。洗いながらスキンケアもできるような感じなので、美容液成分が肌の荒れも落ち着かせてくれます。もっと早く使えてればなって思うくらいです。クレンジング力が高いのに優しい洗い心地が好きです。

・今まで使ったクレンジングの中で、断トツです!肌に馴染ませていくと、ポカポカと温かくなり、マッサージをしていきます。メイクは擦らなくても、しっかりアイメイクも落ちます。W洗顔不要という点もありがたい。マッサージ後、洗い流していくと、つっぱる感じも全く無く、むしろしっとり感に包まれます。値段はなかなかですが、それだけの価値はあると思います。

・敏感肌で、洗顔・クレンジングジプシーでした。敏感肌用のクレンジングって優しい分汚れ落ちが悪かったり、イマイチなものばかりだったのですが、マナラはお肌も荒れず、汚れも割と落ちる方でした。ホット効果で毛穴もキレイになったような?と定期購入を始め、今に至ります。イチゴ鼻が、今ではほとんど気にならないまでになりました。リニューアルしてから洗浄力もよくなり、テクスチャがゆるくなり伸びが良くなった事で、お肌を擦らずにさらに優しく洗えるようになりました。内容量が結構多いので、1本で3カ月近く持ちます。コスパも良いと思います。

肌へのやさしさとクレンジング力、柑橘系の香りも人気のポイント。リニューアルしてパッケージ、中身ともにさらに進化したのも好評のようです。毛穴の黒ずみに効果ありという口コミも多く、乾燥肌でも使える美容液クレンジングと評価が高いものでした。

多少温感が苦手という意見もありました。好みには個人差がありますので、まずは使ってみないとわからない部分かもしれません。

まとめ

理想の化粧品を追い求め、自らの経験から「実感」できる成分、「安心」を叶える無添加処方にこだわった製品づくりからはじまったマナラ。1人でも多くの女性に輝いて欲しい、肌の悩みを解決してほしいという想いが形になっています。 黒ずみ毛穴や乾燥によるシミ、シワ、たるみは放置しておくと肌老化を加速させます。

意外と見られているそれらの肌コンプレックス。ちょっと価格が・・・という方は定期便で通常価格から20%OFFなので、そちらも検討してみては。エイジングケアは早め早めが美肌の鍵。美肌の基本は洗うことと心得て、クレンジングにこそ手を抜かないでください。

タイトルとURLをコピーしました