白髪は遺伝?髪にも曲がり角がある

最近グレイヘアが女性の間でも流行り始めてきましたね。といってもまだまだ抵抗があり、特に4,50代の女性であれば基本白髪は染めるもの、という意識が大半ではないでしょうか。人によって白髪が生えはじめる年齢はまちまちで、若い人では20代から、また50代になってもほとんど生えてこないという人まで様々です。

白髪は昔から遺伝的要素が強いといわれ、医学的には証明されていないものの、まわりを見渡したり自分のことを考えても、なんとなくそうであろうということはわかります。白髪が発生する平均年齢はおおよそ30代中頃。そこから少しずつ増え始め、年齢とともに白髪率が高くなります。

発生原因は遺伝以外にもストレスや栄養、生活習慣が大きく関わっており、一言でこれ!ということは難しいです。もともと髪の毛は無色透明ですが、そこにメラノサイトからメラニン色素が送り込まれ髪の色が決定するのです。しかしなんらかの原因でメラニンが作られずにいると、髪に色がつかず白いまま生えてくることになりまう。

お肌の曲がり角という言葉があるように、髪にもやはり曲がり角があり、白髪が生えはじめたり、ボリュームやハリがダウンする、髪質が変化しはじめる年齢がやはり30代半ばあたり。加齢によるホルモンバランスの変化も女性にとっては大きく関係しており、できるだけ白髪の発生を遅らせたり予防するためには、日常生活から見直す必要もあるようです。

遺伝というものは体型や体質、顔の形や骨格まで、ある意味どうしようもないもの。だからこそグレイヘアを受け入れて自由になろうという動きも広がっていっているのかもしれません。グレイヘアは上手に魅せる方法、手入れを行わなければなかなか日本人にはなじみにくくハイセンスを求められるもの。間違えば老けてみえたりだらしない人に思われてしまいます。

まずは自分の髪の毛との付き合い方を見直して、白髪を受け入れること。もちろん日常生活で髪のためにできることは何でも取り入れ、それでも染めたり、上手に隠して自分がストレスにならない方法を模索してみてください。白髪染めといっても最近では地毛全体を明るく染めることで通常のカラーで白髪を目立たなくする方もいらっしゃいます。

髪はその人の印象を大きく左右します。髪の悩みで暗く落ち込んだり、外へ出ることが億劫になってはもったいないと思いませんか?髪の曲がり角を迎えたな、と思ったら、より自分を素敵にみせる髪色や髪型にチャレンジするいい機会かもしれません。前向きにエイジングと向き合ってハリのある生活を送ってみてください。

タイトルとURLをコピーしました