エスティローダー ダブルウェアステイインプレイスメークアップのメリット・デメリットについて専門家がわかりやすく解説!

エスティローダーはアメリカで生まれたブランドでありながら、日本でも広く認知され愛用者が多いブランド。その中でも特に人気があるのが、今回紹介する「ダブルウェアステイインプレイスメークアップ」、リキッドファンデーションです。

このダブルウェア、本当にすごい人気で、大手口コミサイトでも1万件を越える口コミ、しかも高評価を得ています。女性なら一度は目にしたこと、聞いたことがあるでしょうが、一体何がいいのか、使ったことがない人にはそのメリット、デメリットを通して見ていってほしいと思います。

エスティローダーのダブルウェアとは

エスティローダーは1946年にジョーゼフ・ローダーとエスティ・ローダーによって創始されて以来、世界中で愛されているブランドです。今回取り上げるダブルウェアは、1998年の発売以来、ベストセラー&ロングセラーとして絶大な支持を得ているNo.1ファンデーション。

その人気の秘密は、全10色であなたの肌にぴったりの色選びができること。また至近距離でも毛穴ゼロに近いカバー力。湿度の高い日本の夏でも崩れにくい。カバー力が高いと厚塗りになるのでは?と思いきや、決して厚塗り感はありません。

毛穴をカバーし肌にぴったりと密着。肌そのものがきれいになったような質感と、色展開の豊富さで自然な仕上がりに。化粧崩れに悩んでいる多くの女性に支持されています。

エスティローダーのメリット

ダブルウェアはメリットだらけのようですが、特筆すべきメリットをあげてみます。

メリット① コスパがよい

ダブルウェアステイインプレイスメークアップは30mL6000円(税抜)。ファンデーションとしては決して安い価格ではありません。ただし、伸びがよく少量しか使わないため長持ち、なかなか減らないという意見が多いです。少量を素早く塗って、スポンジでなじませるという使い方なので薄塗りでも気になるところをカバーできます。通常のファンデーションと比較するのであればコスパ面。決して他に引けはとらないどころか優れている面だといえます。

メリット② 自分の色がみつかる

ファンデーションの場合、少ないところではオークル、ナチュラル、ピンクナチュラルなど、色数が少なく困っていた、という人も多いでしょう。肌の色は人によって様々であり、1年中変化がないという人は少ないもの。その時々で自分にあった色を探すのは想像以上に大変です。時折首と顔の色が違っている人を見かけますが、やはり自然で素肌感のある、自分の肌と一体化するような色を見つけるのは難しいのです。

エスティローダーはカウンターで色を合わせてくれますし、サンプルも時折みかけます。自分の肌と一体化する感動を味わえるメリットはすごいもの。ネット上でも色の確認はできますが、やはり自分の肌に塗ってみないとわからないでしょう。もしダブルウェアをみつけたら自分の色を探してみましょう。

エスティローダーのデメリット

ロングセラーのダブルウェアですが、デメリットはあるのか調べてみました。

デメリット① ポンプが別売り

ダブルウェアは瓶に入っています。この瓶の口を指先でしっかりおさえ、逆さに振って出してから、瓶のフチを使って量を調節します。この作業がちょっと面倒、という方に、別売りのポンプがあります。使い方にちょっとテクニックが必要になるので、最初からポンプがついていればいいのに・・・と思ってしまうのでデメリットにあげました。

デメリット② 乾燥肌の方は注意が必要

口コミをみていると、乾燥肌の方はちょっと厳しい・・・という意見が見られました。特に時間が経過した夕方など、部分的に乾燥が気になるという声が。気になる方は、カウンターで一度相談、試してみてから購入したほうがいいかもしれません。

エスティローダーの口コミは

多くの口コミがあるエスティローダー、実際に使った方の感想をピックアップします。

・毛穴を綺麗に見せてくれる高品質ファンデーション。この暑い夏でも崩れにくく使用しやすかったです。また色の種類が豊富なので、自分の肌の色に合う色を探すことができます。厚塗り感もないし、仕上がりは私が求めていたセミマットだし、言うことないです!

・もう3年くらいお世話になっているファンデーションです!混合肌+いちご鼻+みかん肌でとにかくテカリや毛穴が気になっていました。そこでたまたま近くの店舗に行き試して見たところとてもよく、今では化粧崩れもあまりきになりません!全く崩れないテカらないというのは私の中では感じられませんでしたが、崩れ方がドロドロした感じではないのでお直しも簡単に出来ます!ちょっと高いと最初は思いましたが少量で済むのでコスパは悪くないと思います!

・付け方に少し工夫が要りますが、陶器肌になれるファンデーションでなくてはならない存在です。密着力が高いので1度に塗らず、4回くらいに分けて指で広げて最後にスポンジでポンポンするようにしています塗りたてはマットですが、時間が経つと皮脂がつやに見えてすごく肌が綺麗に見えます!!気合を入れる時、長時間の外出の時に使用しています。てかりますがティッシュでoffすれば朝の塗りたての状態に戻るし、私はパウダーとかは付けなくて大丈夫でした!!

まったく化粧崩れしない、というよりも崩れ方がきれい、皮脂が出ても艶感がでるなど、ちょっとした手直しで元通りのきれいな肌を維持できるようです。皮脂量が多いと、ファンデがよれたり、浮いたり、毛穴が目立ってきたりと大変。また高品質、少量使用が可能なので買って後悔はないようです。

まとめ

ファンデーション、なんとなくで選んでいませんか?ずっと使っているから大丈夫、これで満足している、という人も、毎年新しい商品が発売され、化粧品の品質も常に向上していることをお忘れなく。そんな中でもロングセラーで愛用者が多いダブルウェアにはかなり期待できるのではないでしょうか。

昔はパウダーファンデーションが主流でしたが、最近ではナチュラルメイクのリキッドファンデーションも人気です。ダブルウェアはマットな質感で、専用の下地を使えばより肌への密着度が高まるそう。気になっていた方はぜひメリット、デメリットを踏まえた上で購入してみてください。

タイトルとURLをコピーしました