エリクシール シュペリエルのメリットとデメリットについて専門家がわかりやすく解説 !

エイジングケアとして高い人気を誇る「エリクシール シュペリエル」。使い続けることで現れるつや玉は多くの女性のあこがれではないでしょうか。そんな高い保湿力とエイジングケア効果がある人気化粧水ですが、はたして使用することでデメリットはあるのでしょうか、調べて分かるメリットについてもわかりやすく解説していきたいと思います。

エリクシールのブランド情報や特徴について

大手化粧品会社として様々なブランドを販売していることで有名な「資生堂」。そんな資生堂がエイジングケアと美白ケアを同時にこなし、若々しく透明感のある美しい素肌へと導くためのスキンケアブランドとして販売しているのがエリクシール シュペリエルです。

見た目の印象で「幸せそう」「素敵」と感じるのは肌が満ち足りているからと考え、エリクシールは先進のコラーゲン・サイエンスを用いて若々しく美しい素肌へと仕上げることを追求しています。

その働きは、頬の高い位置にみずみずしい「つや玉」が現れるほどハリと潤いに満ちた素肌へと導いてくれるエイジングケア化粧品として、幅広い世代の女性から高い人気を獲得しています。

エリクシール シュペリエルの成分からわかる効果について

エリクシール シュペリエルの中でもエイジングケアとして人気の「 エリクシール シュペリエル リフトモイスト ローション T II 」を取り上げてみたいと思います。

配合されている成分で注目したいのは、トラネキサム酸と水溶性コラーゲンです。

トラネキサム酸は、肝斑の改善に対する効能が認められている成分で、医薬部外品に配合されています。炎症を引き起こす原因と言われる「プラスミン」は同時にメラノサイトの活性化因子であるため、この酵素の働きを抑制する抗プラスミン作用があるトラネキサム酸は肌の炎症を抑えながら肝斑の改善にも効果を期待できます。

タンパク質の一種であるコラーゲンは、真皮の70%を占めているといわれており、肌に弾力やみずみずしさを取り戻すのに必須と言っても過言ではない成分です。そして、 リフトモイスト ローション に配合されているのは、通常のコラーゲンよりも純度の高い水溶性コラーゲンです。

通常のコラーゲンは水に溶けにくい性質を持っていますのが、水溶性コラーゲンは不要なものを取り除いてできた純度が高く、この欠点といえる性質を改善した成分で、保水力を高めてハリを取り戻すのに高い効果が期待できます。

トラネキサム酸と水溶性コラーゲンによって、肌のたるみやくすみを改善することが出来、高いエイジングケア効果が発揮されますので、若々しく潤いに満ちた素肌へと仕上げてくれます。

口コミをみてわかるメリット・デメリットとは?

成分の働きによって、エイジングケア効果があることはわかりましたが、使っていくうえでわかるメリットや使用することで起こるデメリットについても口コミをみて調べていきたいと思います。

今まではこれより安い化粧水使用で別に朝用の美容液を使用していたのですが、こちらを使っている間美容液は使わずハリを感じました。肌に合っているんだと思ったし、年齢に合うエイジングケア用の化粧水が必要なんだと確認した次第です。

今までの他のエリクシールの化粧水に比べて、とろみが一番強いように感じます。
肌に乗せてすぐはちょっとヌルっとしますが、あっという間に肌に吸い込まれていきます。
すぐにみずみずしい肌に仕上がるので、暑くなってきても無事に使えています。

頬がヒリヒリして赤くなってしまう様になりました。そこまで敏感肌ではありませんがアルコールがダメな肌なので、おそらく原因はそれなのでは?と思っています。少しでも不安な方は必ずサンプルを使用してから現品購入をオススメします!

高い保湿力と浸透力に高評価を付けている方が多い印象を受けました。その保湿力から美容液を使わなくていいという方もいましたので、スキンケアにかかるコストを抑えられるのはメリットだと感じます。

とろみのあるテクスチャーですが、高い浸透力のおかげでべたつきを感じずに使用することが出来るようですので、べたつきが苦手な方でも問題なく使用できるのではないでしょうか。

デメリットとしては、アルコールで刺激を感じている方がいるということでしょうか。リフトモイスト ローションにはエタノールが配合されているため、この成分に刺激を感じてしまう方は使用を控えた方が良いと思います。

しかし、エタノールは成分を水に溶けやすくしてくれる働きや、浸透力を高めてくれる働きがありますので、必ずしも敬遠するべき成分というわけではありません。まずは、試しにサンプルを使用してみてパッチテストを行ってから現品を使用してみることをオススメします。

価格とコスパはどうなのでしょうか?

商品名エリクシール シュペリエル リフトモイスト ローション T II
価格3,240円(税込)
容量170ml
使用期間約1~2ヵ月

医薬部外品のエイジングケア化粧水としては安い価格帯だと思います。他ブランドのエイジングケア化粧品では化粧水だけでも8,000円を超えるものがあるので、配合成分や容量を見てもコスパは良いといえるでしょう。

170mlは1ヵ月使用にしてはたっぷりと使用できる容量ではないでしょうか。使用量が少ない方であれば2ヵ月使用することもできるため、1ヵ月当たり1,620円で購入できるような感覚です。

医薬部外品であり、エイジングケア化粧水であるにもかかわらず、これだけのコスパということで、スキンケア売り上げ11年連続1位というのも納得できます。

成分・価格・口コミからわかるエリクシール シュペリエルの評価

商品紹介で記載されているエイジングケア効果やつや玉が現れるほどのハリとうるおいは、配合成分的にもしっかりと期待できる商品ではないかと思います。

そして、医薬部外品のエイジングケア化粧水でありながら、価格帯も良心的で一回の使用量によっては2ヵ月持つ方もいるかもしれませんので、コスパとして優秀な商品です。

使用者の中にはエタノールに刺激を感じたと書いている方も見受けられましたが、多くの方が高評価を付けており、その保湿力とエイジングケア効果には満足しているようでしたのでとても評価は高いです。

手軽にスキンケアからエイジングケアを始めたいと考えている方にとっては、まさにぴったりの化粧水だと思いますので、一度試してみてもいいのではないでしょうか。

肌を最高の味方に。エリクシール(ELIXIR)|資生堂
エリクシールのブランドサイト。あなたの肌を最高の味方にする、エイジングケアブランドです。

匂いや使用感はどうでしょうか?

アクアフローラルの高級感を感じさせる香りがとても好評のようです。使用中にリラックスできるような心地よい香りは万人に好まれるのではないでしょうか。口コミでも香りについて低評価を付けている方は見受けられず、逆に高評価の方が多い印象を受けました。

使用方法としては、コットンで500円玉大よりやや大きめになじませることを推奨しているようですが、とろみのあるテクスチャーなので手で直接使用しても問題なく使用できるようです。乾燥が気になるところには重ね付けをすることで、より高い効果を期待できますので、優しくパッティングしてなじませてください。

とろみのあるテクスチャーが顔全体を包み込むようになじんでいき、伸ばしている最中にもリラックスできるアクアフローラルの香りが疲れた肌と心を癒してくれます。

エリクシール シュペリエルのターゲットは?

エイジングケア化粧水として販売している商品ですので、30代~をターゲットにしているのでしょう。パッケージや香りにも高級感があるため、40代50代の方でも価格を気にせず使用できるのではないでしょうか。

その中でも、特に肌のたるみやしわが気になる方や肌のくすみが気になる方にとっては、ぴったりの化粧水だといえるでしょう。乳液と合わせて使用することで相乗効果も期待できますので、ラインでの購入もオススメです。

エイジングによってできた肌のたるみやくすみを1本でケアしてくれるエリクシールシュペリエルは、高価なエイジングケア化粧品にも負けない効果が期待できる化粧品です。さらに安価で販売されていることで、その高い人気も頷けます。

一番安く購入できる方法は?

Amazonや楽天で見ても直販サイトと価格は同じようです。しかし、直販サイトでは送料が無料ですので、他SHOPで送料がかかる場合は、直販サイトで購入するのが一番安く購入できるのではないでしょうか。

エリクシール シュペリエルに関しては、ネット限定の割引などもなく通常価格で販売されているようなので、ドラックストアなどお近くに販売している店舗がある場合は、そちらで手に入れた方がすぐに使うことが出来るので良いと思います。

30代以降の方にはぴったりの化粧品だと思いますので、興味がある方は公式サイトをのぞいてみてはいかがでしょうか。

まとめ

化粧品会社として有名な資生堂の販売するエリクシール シュペリエルは、高級感を感じさせる見た目や香りでありながら、安価で購入できるとてもコスパの良い化粧水だということがわかりました。

さらに、成分的にもエイジングケア効果や高い保湿力を期待できる化粧水ですので、たるみやくすみ、シワなどが気になる方にはとてもオススメできる商品でしょう。

「そろそろエイジングケアをしていかないと」「手軽にエイジングケアを始めたい」と考えている方にとっても、普段の化粧水を変えるだけで簡単にエイジングケアが始められるエリクシール シュペリエルは試してみる価値ありの商品なのではないでしょうか。

肌を最高の味方に。エリクシール(ELIXIR)|資生堂
エリクシールのブランドサイト。あなたの肌を最高の味方にする、エイジングケアブランドです。

全成分をご紹介

有効成分
トラネキサム酸美白・抗炎症
その他成分
オランダカラシエキス保湿・血行促進
イノシット保水剤
水溶性コラーゲン(F)保湿
塩酸リジン保湿
精製水溶剤
ジプロピレングリコール保湿・防腐
エタノール溶剤
1,3-ブチレングリコール溶剤
濃グリセリン保湿
ポリエチレングリコール1500保湿
ポリオキシエチレン(14)ポリオキシプロピレン(7)ジメチルエーテル界面活性剤
α-オレフィンオリゴマーエモリエント
ポリオキシエチレンフィトステロール乳化剤
イソステアリルアルコール溶剤
イソステアリン酸界面活性剤
ポリオキシエチレン(17)ポリオキシプロピレン(4)ジメチルエーテル界面活性剤
クエン酸ナトリウム酸化防止・ph調整
エリスリトール保湿
ヒドロキシエチルセルロース増粘
クエン酸収斂
メタリン酸ナトリウムキレート
セスキオレイン酸ソルビタン乳化剤
リン酸L-アスコルビルマグネシウム美白・抗老化
ピロ亜硫酸ナトリウム酸化防止剤
ローズマリー油香料
酵母エキス(3)皮膚保護剤
L-アルギニン塩酸塩皮膚コンディショニング剤
フェノキシエタノール防腐剤
香料香料
タイトルとURLをコピーしました