花王 キュレルのメリット・デメリットについて専門家がわかりやすく解説!

乾燥性敏感肌の人々の悩みに応えたい。花王はまだ「乾燥性敏感肌」という言葉がなかった頃から、乾燥、肌荒れに悩む切実な声に耳を傾けてきました。そしてその原因が「セラミド」不足にあることに着目。研究開始当時の1980年代、天然のセラミドはとても高価な物質であり、製品として届けるには無理がありました。

今でこそセラミドはスキンケア商品には欠かせない成分であり人気もありますが、当時は気軽に使える成分ではなく、また効果の出る量、製品として届けることはかなりの難題だったのです。

花王が幾多の困難を乗り越え、また自社の皮膚科学を駆使し「セラミド」に似た効果を発揮する「セラミド機能成分」の開発に成功したのが1987年。ついにキュレルが誕生します。12年の歳月をかけて製品化されたキュレル、そのメリット、デメリットとは?

キュレルとは

1999年、キュレルスキンケアシリーズは誕生しました。「セラミド」を守って洗い、「セラミド」の働きを補い潤いを与えるアプローチで、外部刺激から肌を守る肌のバリア機能の働きをサポートし、肌荒れしにくい潤い肌に保ちます。全商品医薬部外品です。

現在では洗浄から保湿まで、また肌悩みや機能性までラインナップ数は数多く、乾燥性敏感肌の様々な肌悩みにきめ細かく応えてくれるブランドとして成長しています。

例えば美白ケアやエイジングケア、皮脂トラブルケアなど、これまで肌の弱い方は、とりあえず機能性よりも使えることを第一というスキンケア商品が多かった中、敏感肌であっても効果を訴求したいという想いに答え、多くのシリーズ展開をしている数少ないブランドです。

顔や体を洗うと、洗浄料と一緒にセラミドも流れ出てしまいがちです。キュレルは角層に影響を与えにくい処方で、肌の必須成分であるセラミドが流れ出にくくなっているので、潤いを守りながらやさしく洗えます。

また独自に開発した「セラミド機能成分」が角層のすみずみに浸透。セラミドの働きを補い、角層細胞間のすき間を潤いで満たします。外部刺激から肌を守るバリア機能を助け、外部刺激で肌荒れしにくい、健やかな「潤い高密度肌」に保ちます。

肌の必須成分であるセラミドで満たされた肌は、肌荒れ、粉吹き、ガサガサからあなたを守ってくれます。赤ちゃんから年齢を重ねたお肌まで、セラミド保湿でお肌を健康な状態にもっていくことができるキュレルは安心のブランドです。

日本の敏感肌フェイスケアカテゴリーでは売上No.1ブランドとして成長しており、日本だけでなく、アジア、英国、米国での販売を開始。グローバルでの展開をさらに強化し、世界の敏感肌ケア市場でユーザ拡大を図っていることにも注目です。

ここで、キュレルの中でも特に人気のある湿潤保湿フェイスクリームの成分をみてみましょう。

有効成分:アラントイン

精製水、グリセリン、ヘキサデシロキシPGヒドロキシエチルヘキサデカナミド、シクロジメチコン、スクワラン、トリシロキサン、ジメチコン、POE・ジメチコン共重合体、長鎖二塩基酸ビス3-メトキシプロピルアミド、ユーカリエキス、硫酸Mg、BG、イソステアリルグリセリルエーテル、コハク酸、水酸化ナトリウム液、パラベン

弱酸性、無香料、無着色、アルコールフリー(エチルアルコール無添加)、アレルギーテスト済み。

アラントインは消炎剤、ユーカリエキスと、セラミド機能成分であるヘキサデシロキシPGヒドロキシエチルヘキサデカナミドが潤いを与えてくれます。外部刺激で肌荒れしにくいふっくらと吸いつくような潤いに満ちた肌を保ちます。防腐剤にパラベンが使われていますが、パラベンは化粧品原料として安全性が確認された成分。むやみに避ける必要はありません。防腐剤が入っていないほうがむしろ怖いです。当然といえば当然ですが、安全性、刺激には充分配慮された処方となっています。

キュレルのメリット

TVCMでもおなじみのキュレル。そのメリットは?

メリット① 価格が手頃

皮膚科にも置いているところがあるほど品質に定評のあるキュレルですが、価格もお求め安いのが特徴です。ラインで揃えてもそこまで負担にならない価格設定にはとても人気があります。保湿をする時にけちって少量しか使わないとその効果は半減します。たっぷりと塗ることができる、その上満足度の高い使用感。年齢問わず愛される所以です。

また、乾燥性敏感肌の方は、顔だけでなく、背中や足など広範囲で乾燥やかゆみ、肌荒れがおこります。価格の高いものを毎日身体全体に塗るとなると価格は無視できません。かといって、プチプラコスメを塗っても逆に肌トラブルや満足した保湿ができないでしょう。しっかり悩みに対応でき、365日前向きに使い続けることができる価格設定となっています。セラミド入りの商品は多く出回っていますが、セラミドが入っているというだけで高価格帯として販売されている商品も目にします。セラミドに着目し、12年の歳月をかけて製品化したキュレルだからこそ、その場限りの商品作りは行っていません。使う人の肌悩みが解決するように、また365日前向きに過ごせるように価格にもこだわりがあるのです。

メリット② 入手しやすい

キュレルは薬局、ドラッグストアなど様々なところで買うことができます。花王のオンラインショップでも購入できますし、大手通販サイトでも。公式サイトではサンプル請求も数種類できるようになっており、肌が弱い方はとくに一度試してみたいという人も多いでしょう。そんな時サンプルや店頭のテスターで試すことができるのは安心です。

最近ではネット通販メインのスキンケア商品が増えてきていますが、いつでもどこでも肌にずっと寄り添うキュレルは入手しやすい環境が整っています。また公式サイトでご確認いただければおわかりいただけるのですが、キュレルには美白やエイジングケアシリーズ、ファンデーション、頭皮ケアとあらゆる商品ラインナップが存在します。店頭では並べることができないほどの商品数かもしれませんので、今使っているケア用品を変えたいな、と思った時にはまずキュレルシリーズも視野に入れておいてください。お気に入りの商品に出会えるかもしれません。

キュレルのデメリット

それでは、キュレルにデメリットはあるのでしょうか。

デメリット① イメージ

乾燥性敏感肌の人だけでなく、キュレルというブランドを知らない人は少ないでしょう。しかし、敏感肌ではないという人がキュレルを使おう!とはなかなか思わないでしょう。

実際口コミをみていると、何かしらのトラブルが起こった時初めて使って好きになった方、知人に勧められて使ってみたらよかったなど、キュレルに触れる機会がなければ敏感肌以外の人がスキンケアとして取り入れづらいのが現状のようです。これは、キュレル=肌が弱い人の使うものというイメージが定着しているため。セラミドが肌に必要な成分であることはどんな肌質の方にも言えることなので、ぜひうるおい不足を感じたら使ってみてほしいと思います。

逆に、たまたま使ってみたらとてもよかったからと、シリーズで使い続けている女性も多いようです。最近ではセラミドが入ったスキンケアが流行していることもあり、キュレルのイメージも変わってきはじめているようです。30数年の皮膚科学研究をもとに生み出された商品は、肌悩みがそこにある限り引き続き愛されていくことでしょう。

デメリット② 見た目

見た目がおしゃれじゃありません。医薬部外品ということもありますが、もう少しがんばってほしいところではあります 。

多くの女性は化粧品、スキンケア用品をパケ買いした経験があるでしょう。やはりインテリアにマッチするか、見た目がかわいいか、好みか、も中身と同じくらい重要視されます。今後のリニューアルに期待したいと思います。かといって、やはりキュレルは医薬部外品ですし、そこまで遊びを取り入れた見た目である必要はありません。これはこれで好きという人もいるでしょうし、年齢問わず使われる商品なので、ターゲットが絞りにくいということもあるのかもしれません。そのためあえてデメリットととらえなくてもいいかもしれませんね。

キュレルの口コミは

キュレルを実際使った方の感想をいろいろと見てみましょう。

・友達にキュレルを激推しされて買ってみました。少しでも乾燥が気になっている方にお勧めです。シンプルな化粧水ですがしっかりと保湿されます。嫌なべたつきはなくサラサラしています。これに変えてから保湿力が高いからか、化粧崩れもしなくなりました。スキンケアを見直すのは大事ですね。安いので試す価値ありです!

・赤ニキビがおでこと頬に大量にできてしまい、どの化粧水や乳液を使っても全く治る気配がありませんでした。ですがこちらの化粧水と乳液を使い始めてから数日でニキビが小さくなっていき、2週間もしないうちにほぼ治りました。ニキビ跡も完全に消えました。本当に助かりました!使って良かったです。また、保湿力の高い化粧水は肌の表面がベタベタしてしまうことがあり、それでニキビができてしまうこともあるんですが、こちらは肌の表面がベタベタせず、でもちゃんと潤っている感じがしてとても良いです。ニキビもできません。

・私のベストスキンケアです!肌が保湿されてとっても柔らかくなりました。冬場の乾燥、花粉で肌がかゆいなどに悩まされていましたが、この化粧水のおかげでだいぶ改善されました。何度もリピしてますが、それでもたまに浮ついて他の商品に手を出しますが、何故か肌の固さを感じてまた元に戻します。ここまで私のお肌に浸透してくれて、トラブルを改善してくれるのはキュレルだけ。今のを使い切ったら次はキュレルの美白かエイジングケアのスキンケア商品も使ってみたいと思っています。

元々肌が敏感な人、季節の変り目や突然肌トラブルに見舞われた人、またにきびで悩む人から愛用されていることがわかりました。にきびが改善したという口コミが見られますが、これはおそらく皮脂量が不足し乾燥することで、過剰に皮脂が分泌され炎症を起こした状態。しっかり保湿されることで原因の根本が改善し、結果としてにきびができにくい肌になるのでしょう。

敏感肌の方だけでなく、使用感と価格を気に入ってリピートしている人も多くみられました。これまで何を使ってもうるおいを感じられなかった人がキュレルでうるおいをしっかり実感できた、肌トラブルが改善したという声もありました。乾燥からくる肌トラブルはとてもやっかいです。保湿をすることで改善する肌トラブルは実に多く、だからこそ肌をうるおすことがいかに大事かがわかります。

まとめ

乾燥性敏感肌の方のために花王が研究、開発を重ね誕生させたブランド「キュレル」。多くの方から支持されロングセラーブランドとしての地位を確立させました。セラミドは肌にとって必要不可欠な成分。この成分を洗い流さず守って補うセラミドケアは、肌のバリア機能を高め、肌荒れしにくいうるおう肌に保ってくれます。

肌は洗いすぎもよくありません。きれいになった気になりがちですが、肌に必要な成分まで奪ってしまっていませんか?お肌は本来自分できれいになる力を兼ね備えています。スキンケアはそのサポートをするのみ。過剰なお手入れは逆効果だったりもするのです。

乾燥はあらゆる肌トラブルの根本原因。スキンケアで大切なことは保湿。このシンプルでありながら難しいケアの積み重ねが美しい肌をつくっていくのです。セラミド入りスキンケアがもてはやされている昨今、乾燥による敏感肌の悩みを誰もが忘れてすごせることがキュレルの想い。発売から20年にあたり、さらなる飛躍を遂げるブランドといえそうです。肌荒れ、かさつきトラブルを繰り返してしまう。粉吹き、頭皮のかさつきなど、切実な声に耳を傾けてきたキュレルだからこそできることがあります。 乾燥はあらゆる肌トラブルの根本原因。スキンケアで大切なことは保湿。このシンプルでありながら難しいケアの積み重ねが美しい肌をつくっていくのです。

タイトルとURLをコピーしました