バルクオムのメリット・デメリットについて専門家がわかりやすく解説!

バルクオム(BULK HOMME)のコンセプトは「THE BASIC MEN’S SUKIN CARE」。ブランドアンバサダーに俳優の窪塚洋介を起用し、今最も売れていると言っても過言ではない、メンズスキンケアブランド。スキンケアといえば当然のように女性のものという認識の強い日本において、メンズスキンケアのスタンダードを追求し、メンズスキンケアの決定版と言われるほどの評価を受けています。

長い間、男性化粧品は存在するもののその影を潜めていましたが、本当は男性であっても肌荒れ、乾燥、紫外線などと肌が闘っているという事実。皮脂、にきび、内的、外的ストレスや生活習慣によって肌ストレスがかかっているということ。男性のスキンケアブランドとして第一線を走っているバルクオムのメリット、デメリットを詳しく解説します。

バルクオムとは

スキンケアは、特別なことではありません。まずは男性の意識を変えること。毎日の洗顔であっても立派なスキンケアです。日々、紫外線や乾燥などにさらされる肌。髭剃りや摩擦、生活習慣、汗、皮脂など、様々なストレスによって男性の肌も影響を受けやすいのです。

バルクオムは、水分バランスを整え、肌本来の力に働きかける成分に注目。肌に必要な保湿力と、男性が好む、べたつかずさっぱりとした使用感の両立を可能にしました。

バルクオムを象徴する洗顔料、化粧水、乳液のパウチ容器。この独特のパッケージデザインは、コスト高となる無駄な要素を可能な限り省き、できるだけ手に取りやすい価格で販売するため。また安全性と安定性を実現した上で、バルク(中身)で勝負するというバルクオムの意志を表したもの。

BULKは英語で「容器の中身」、HOMMEはフランス語で「男性」を表しています。バルクの研究開発を通して、世界中の男性に「ベーシックスキンケア」の答えを示し続けるという想いと約束が込められています。

男性の肌に本当に必要なものは何かを追い求め、確かなエビデンス(根拠)の上に、瞬間的な使用感と長期的な実感値を両立した製品を提供する、それがバルクオムブランドです。

バルクオムのラインナップ

バルクオムにはフェイスケア、ボディケア、ヘアケアなど、女性化粧品に遜色ないラインナップが揃っています。ここでは特に売れているフェイスケアにフォーカスしてみます。

●THE FACE WASH(洗顔)

「余分なものを落とし、必要なものは残す」がコンセプト。男性の肌に付着した汚れはしっかり落としつつ、肌に必要な皮脂は残し、擬似皮脂膜を形成。選択吸着機能のあるクレイミネラルズとベントナイトが不要な汚れや余分な皮脂のみを吸着洗浄しつつ、肌に必要なうるおい成分は残します。キメ細かく弾力性の高い「生石けん」の泡が、洗顔時の摩擦を軽減し肌への負担を減らします。

●THE TONER(化粧水)

高い保湿力を持ちつつ、男性でも使いやすい使用感で低刺激の化粧水。男性の肌は皮脂量が多いので潤っていると勘違いしてしまいますが、実は水分が不足していることが多いです。少ない水分を守ろうと皮脂が余分に分泌している状態です。

適切な水分供給で、肌本来の機能が改善され、過剰な皮脂分泌や肌荒れ、テカリが起こりにくい肌をつくります。潤いを一定に保つ「トレハロース」配合。

●THE LOTION(乳液)

肌にとって最適な水分&油分バランスを供給します。サラッとしていながらべたつかない乳液は、潤い成分をたっぷり配合し、有効成分を肌内に送り届ける美容液の役割もあります。人の皮脂構造に近い「スクワランオイル」が角質層で擬似バリアを作り、乾燥ダメージから肌を守ります。

洗顔、化粧水、乳液、この3点のベーシックなスキンケアを毎日続けて行うことで、ダメージを受けやすい男性の肌をしっかり守ります。

バルクオムのメリット

それでは、バルクオムのメリットについて解説します。

メリット① 定期コースがかなりお得

バルクオムをまだ使ってみたいと思った人がまず試さないと損するのが定期コース。 バルクオムの定期コースは2つ。

①BASICコース
洗顔、化粧水、泡立てネットを初回5600円⇒500円の約91%OFFで始められるセット。

②3STEPコース
洗顔、化粧水、乳液、泡立てネット、詰め替えボトル2点を初回9500円⇒2380円の約74%OFFで始められるセット。

どちらも23日間全額返金保証があり、2回目以降も10%OFFで続けられます。色々なお試しセットや定期コースをみていますが、91%OFF、本製品を500円で購入できるのは他にありません。しかも、定期コースによくある回数縛りもないため、500円、2380円で試して肌にあわなかったら即解約も可能。とにかく試してほしいという意向と商品に対する自信が伺えるコースになっています。

メリット② エビデンスのある天然素材

バルクオムの成分に焦点をあてると、7種類の素材を共通美容成分として配合していることがわかります。確かなエビデンスのある天然素材を軸として、男性化粧品でも美容成分に決して手を抜かない姿勢がうかがえます。

【7種の共通美容成分】
● リンゴ果実培養細胞エキス ● 温泉水 ● グリセリルグルコシド ● 加水分解シルク ● チャ葉エキス ● ユズ果実エキス ● セイヨウシロヤナギ樹皮エキス

これ以外にも、セラミド3、アーチチョーク葉エキス、スクワラン、加水分解コラーゲンエキスなどの保湿、整肌成分を惜しみなく配合。バルクオムが女性に人気があることもうなずけます。

バルクオムのデメリット

次にバルクオムのデメリットを調べました。

デメリット① 容器が使いにくい

これまで女性用の肌にあうものを使っていたという男性でも、見た目が気に入らないということが多かったのではないでしょうか。バルクオムのパッケージはシンプルかつおしゃれでインテリアにも馴染みます。また女性からみても好感度の高いデザインです。ただし、中身重視でパッケージにコストをかけていない分、使いにくいという声もありました。少量出しにくい、詰め替えが面倒など。その一方で人によっては吊り下げて使えるので便利、残量が見えていいなど、このあたりは使う側次第というところでしょうか。

デメリット② 他社競合が少ない

男性スキンケアはまだまだ女性に比べ市場が少ないです。そのため、選択肢が少ないというデメリットはあります。男性だからといって皮脂量が多い人が多いものの、少ない人もいるでしょう。そういった人には物足りないこともあるでしょうし、水分量が元から多い人もいるでしょう。バルクオムは男性スキンケアの基本を提案していますので、多くの男性の肌に配慮されていますが、今後切磋琢磨しながら成長する市場となってほしいと思います。

バルクオムの口コミは

男性の肌に特化したスキンケアブランド、バルクオムの口コミはどうなっているのでしょうか。ぜひ参考にしてください。

・メンズ化粧品ということで家族へプレゼント。とても喜んでくれたので私自身も使用しました。泡立ちがよく濃厚でとても気に入りました。無添加で敏感肌の私でも使いやすかったです。メンズ化粧品ではなく男女兼用使えると思います。インテリアにしてもとてもオシャレだと思いました。

・皮脂に悩まされていて、色々な洗顔、化粧水、乳液など試しましたがどれもいまいち効果はなく、こちらのバルクオムを試したところほぼなくなったと言っていいほど軽減されました。すごく満足です。これからもずっと愛用します。

・敏感肌でもヒリヒリすることなくとても良いので何度も購入しています。洗い上がりもサッパリしていてニキビもだいぶ減ってきました。

洗顔の泡立ちのよさに定評があるようで、男性だけでなく女性で使っているという人も多かったです。容器に対する意見は分かれており、デザインがいい、使いやすいという一方、パウチ容器の詰め替えが必要、ごく少量取りたい時に不便という意見も。男性の口コミは女性に比べて少ないのですが、それでも使い続けている人が多い印象でした。

肌トラブル、肌あれしたという口コミはほぼ見かけませんでしたので、使い続けて肌の変化を観察することをおすすめします。

まとめ

男性であっても長年肌にコンプレックスを抱えている人は多くいるはずです。皮脂量は女性より多く、水分量は低いため、油っぽく、でもかさついてしまう男性の肌のことを考えたバルクオム。普段スキンケアを行っていなかった男性が行うことで、はっきりとした変化を感じることができると思います。

成分、品質を考えるとコスパも悪くありませんが、おすすめはかなりお得なセットコース。肌が潤う実感、毛穴の黒ずみや毛穴の開きの変化などを確かめるチャンスです。まだ使ったことがないという男性はぜひ気軽に始めてみてはいかがでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました