ビューティークレンジングバームのメリット・デメリットについて専門家がわかりやすく解説!

ビューティークレンジングバームは、卵殻膜エキス配合の美容液「ビューティーオープナー」で有名なオージオの新商品。とろりととろけるテクスチャーでメイクや毛穴の汚れをごっそり浮かせて落とす、新感覚の生クレンジングです。

SNSや口コミサイトでは“令和時代の大人のクレンジング” として高く評価されているビューティークレンジングバームについて、メリットだけでなくデメリットについても着目しながら解説していきたいと思います。

ビューティークレンジングバームとは

ビューティークレンジングバームを販売するOZIO(オージオ)は「今よりもっと美しく、いつまでも魅力的な女性でいて欲しい」という想いから誕生した化粧品会社。イタリア語で“何もない”という意味を指すオージオは、生まれたばかりのトラブルひとつないピュアな肌をもう一度手に入れたいと願う女性たちの悩みを叶えるため、安全性にとことんこだわった肌にやさしい化粧品や健康食品をお届けしています。

スキンケアをする前から肌を整え、クレンジングから美容液成分を効かせる。簡単かつ効果的に、一度で働きかけるクレンジングをつくりたい。

そんな想いから誕生したオージオの待望の新商品ビューティークレンジングバームは、エイジングサインにともなって複雑になる毛穴トラブルにしっかり働く成分を配合した大人の大本命生クレンジングとして、多数の女性誌にも掲載されている今年大注目の商品です。クレンジングとしてだけでなく、洗顔・ピーリング・リフトマッサージとしての機能も併せ持つ万能性も好評。

ビューティークレンジングバームは肌に乗せた瞬間に体温でバームが溶けだし、とろりとしたオイル状に変化する新感覚のテクスチャーが特徴です。溶けたバームがメイクや汚れを絡め落とし、たった60秒肌に馴染ませるだけでウォータープルーフのマスカラやティントリップまでも簡単にオフ。こすり過ぎによる肌へのダメージを軽減してくれます。

一般的にクレンジングは、洗浄力が高くなるほど肌への刺激も強くなります。しかし、ビューティークレンジングバームは合成香料、合成着色料、鉱物油、アルコール、パラベン、石油系油脂の6つの無添加を実現。そして肌に必要な皮脂まで落としてしまう恐れのあるダブル洗顔の必要もありません。毎日使用するアイテムだからこそ肌に与える負担は最小限に抑え、それでいて本来のメイクを落とす役割はしっかり果たしてくれる画期的なアイテムです。

全成分も見ておきましょう。

全成分
パルミチン酸エチルヘキシル、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、トリイソステアリン酸PEG-20グリセリル、炭酸ジカプリリル、ポリエチレン、(カプリル酸/カプリン酸)ヤシアルキル、トリイソステアリン酸PEG-5グリセリル、水・ペンチレングリコール、ラベンダー油、トコフェロール、ダイズ油、カミツレ花油、BG、アスコルビルグルコシド、カニナバラ果実油、オリーブ果実油、乳酸桿菌/セイヨウナシ果汁発酵液、乳酸桿菌/ブドウ果汁発酵液、ニンジン根エキス、グリセリン、カルボキシメチルヒアルロン酸Na、セラミドAP (又は セラミド6Ⅱ)、セラミドNG (又は セラミド2)、セラミドNP (又は セラミド3)、ヒアルロン酸Na、プロテアーゼ、加水分解ヒアルロン酸アルキル(C12-13)グリセリル、ノイバラ果実エキス、ハチミツエキス、ヤシ油アルキルグルコシド、ハチミツ、ローヤルゼリーエキス、カンゾウ根エキス、マンダリンオレンジ果皮エキス、オレンジ果汁、プロポリスエキス、アルニカ花エキス、オウゴン根エキス、ローズマリー葉エキス、ハマメリス葉エキス、マドンナリリー根エキス、センチフォリアバラ花エキス、メマツヨイグサ種子エキス、ユキノシタエキス、加水分解コンキオリン、加水分解シルク、加水分解ダイズエキス、リンゴ果実培養細胞エキス、ゼニアオイ花エキス、トマト果実エキス、レモン果実エキス、タチジャコウソウ花/葉エキス、アロエベラ葉エキス、ザクロ果実エキス、ゲットウ葉エキス、ヒアルロン酸クロスポリマーNa、ビルベリー葉エキス、キサンタンガム、アーチチョーク葉エキス、塩化Na、レシチン、フェノキシエタノール

ビューティークレンジングバームのメリット

それではビューティークレンジングバームのメリットについて。

メリット① 洗浄力と保湿力を兼ね揃えたクレンジング

ビューティークレンジングバームには美容液成分が約78%も配合されています。そしてそのバームは新密着クリア処方で洗浄成分と美容成分が毛穴よりも小さい形となって配合されています。そのため、メイクや汚れ、そして毛穴に詰まった皮脂汚れまでもスルッと洗い流すクレンジング力の高さを発揮しながらも、41種類もの豊富な美容成分が肌内部までしっかり浸透していくことで洗い上がりの肌はしっとり感を保ちます。

年を重ねる毎に肌内部の水分量は減少していきます。そのためうるおいを奪わず、さらにハリまで与えるビューティークレンジングバームは年齢肌に悩む女性に特におすすめされています。古い角質の蓄積や乾燥によって発生するくすみの改善も期待できます。

メリット② 4種類の毛穴悩みへ同時にアプローチ

ハリが失われることで涙型に落ち込むたるみ毛穴には、ターンオーバーを促しハリを与えるリンゴ幹細胞エキスと、収れん作用のあるハマメリス葉エキス。酸化した皮脂が詰まって毛穴を目立たせる黒ずみ毛穴や角栓毛穴には角質を分解する働きを持つAHAや酸化を防ぐビタミンC誘導体。毛穴の影が目立つ乾燥毛穴には優れた保水力を持つセラミドやヒアルロン酸、ローヤルゼリー。原因の異なるそれぞれの毛穴トラブルに有効な美容成分が配合されています。

新密着クリア処方で毛穴にメイク汚れが詰まってしまうのを防ぐだけでなく、4種類の毛穴悩みへ同時にアプローチしてくれる処方であることもビューティークレンジングバームのメリットです。

メリット③ 続けやすい価格帯

高い洗浄力、洗い上がりのしっとり感、肌へのやさしさ。クレンジングのいいとこどりをしたような商品ですが、定期コースなら初回が50%オフの1,800円。初めての方でも手を出しやすい価格帯です。さらに、定期コースは2回目以降も20%オフの2,880円で購入できるので、経済的にも負担が少なく使い続けることができるのもビューティークレンジングバームの魅力。

クレンジングというとメイクを落とすだけのアイテムというイメージがありますが、ビューティークレンジングバームはすっぴんの状態で洗顔としての使用も推奨されているため、別途洗顔料を購入する必要もありませんのでコスパも抜群です。

ビューティークレンジングバームのデメリット

次にデメリットについても見ていきましょう。

デメリット① 濡れた顔・手での使用はNG

濡れた手OKでお風呂でも使用できる便利さを売りにしているクレンジングも多いのですが、ビューティークレンジングバームは濡れた状態での使用はNG。メイクや汚れ、毛穴に詰まった皮脂とバームとの馴染みが悪くなり、クレンジングとしての機能が低下してしまいます。

少し手間に感じてしまう方もいるかもしれませんが、お風呂で身体を洗うついでに洗顔をする場合はタオルで水気をふき取り、完全に乾いた状態で使用するようにしましょう。

デメリット② 香りが強い

好みの問題になりますが、使用時にははっきりと香りを感じる商品なので、ラベンダーやカモミールの香りが苦手な方や、そもそも香りつきの化粧品が好きではないという方にとって、 ビューティークレンジングバームの香りはデメリットになるかもしれません。

しかし、ラベンダーとカモミールの天然エッセンシャルオイルはアロマ効果に着目して配合されている成分なので、香りが気にならない方には高級感がある、癒される、リラックスできると好評です。

ビューティークレンジングバームの口コミ

・肌にのせるとすぐにバームがとろけて、みるみるメイク汚れが浮き出てきます。落ちにくいウォータープルーフもポイントメイクリムーバーなしできれいに落ちるのに、潤いがたっぷりで洗い上がりはしっとり。とろけるようなクレンジングの使用感にすっかりハマってしまいました。一度使うと病みつきです。毎日朝晩使用しても1ヶ月以上もつのでコスパも満足です。

・子育てと家事が忙しすぎて毎日時間がなく、クレンジング後にすぐスキンケアができないこともしばしば。ビューティークレンジングバームはW洗顔不要のうえ、ツッパリがないので助かっています。こちらを使い始めてからは、どのスキンケアを試しても必ず出来ていたニキビが全く出来なくなったので本当に驚いています。

・こすらずにメイクが落とせて肌に負担がかからない感じは本当に嬉しい!肌に透明感とハリが戻ってツルツルタマゴ肌になれました。香りもとても良くて癒されるのでクレンジングが楽しみになりました。毎日使うアイテムだけに、肌にやさしいのにしっかり落とせて、さらにうるおうクレンジングはとても魅力です。

ニキビは角栓が毛穴を塞ぐことにより発生します。そのためビューティークレンジングバームは大人のニキビ対策にも効果的。

毛穴やハリツヤ、くすみなど、美肌効果に対する称賛の声も多かったのですが、クレンジングとしての実力そのものを評価する口コミが目立っていたのが印象的です。やはり“メイクを落とす”という目的で購入するものなので、ウォータープルーフの化粧品までこすらずに落とすことができるというのはポイントが高く人気に繋がっているのだと思います。

まとめ

バームの特徴はオイルクレンジング並みの洗浄力がありながら、肌にやさしく摩擦も少ない、そのうえ洗い上がりがしっとりとしているところです。さらにビューティークレンジングバームは、毛穴より小さな洗浄成分が毛穴の皮脂汚れ、メイク汚れをかきだすと同時に、41種類の美容成分が角層のすみずみまで行き渡り、しっとりとなめらかな素肌へと洗いあげてくれます。

年齢とともに乾燥が進み、毛穴が目立ってくる。この大人のくすみ、たるみ、毛穴は放置しておくとどんどん深刻な状態になってしまいます。まずはスキンケアの前のクレンジングでお肌の土台をしっかり整えましょう。余分な汚れは落としつつ、肌に必要な成分はそのままに。お肌に触れる時間や摩擦はできるだけ少なく。これらを実現できるのがビューティークレンジングバームだと思います。

すでに卵殻膜エキス「ビューティーオープナー」でその品質と実績を証明しているオージオから誕生した生クレンジング、ぜひその感触と使用感をご自分の肌で確かめてみてください。

タイトルとURLをコピーしました