アクポレスのメリット・デメリットについて専門家がわかりやすく解説!

日本初、唯一の皮脂分泌抑制効果をもつ新規有効成分「ライスパワーNo.6エキス」を配合したスキンケアシリーズである「アクポレス」。

ライスフォースシリーズの中のブランドのひとつとして、ニキビや毛穴ケアに特化したブランドとして人気があります。有効成分を配合しているということは全商品医薬部外品。今までにない働きで、毛穴の開き、つまり、黒ずみやにきび、テカリなどの肌トラブルを画期的なアプローチで根本的にケアしてくれるアクポレス。果たしてそのメリット、デメリットは何なのか、気になっている方はぜひ最後までご覧ください。

アクポレスについて

アクポレスは毛穴、ニキビ、大人の皮脂トラブルに特化したスキンケアライン。その特徴は、毛穴やニキビの主な原因となる皮脂過剰に対し、皮脂分泌抑制成分「ライスパワーNo.6エキス」を配合した日本初の専用ケアシリーズであること。

従来の皮脂ケアでは、皮脂を洗い流す、あるいは吸着するという対症ケアが主流でしたが、アクポレスはライスパワーNo.6エキスが過剰な皮脂分泌を根本から抑制。ライスパワーNo.6エキス以外にもグリチルリチン酸2Kとサリチル酸を配合し、トリプル有効成分で繰り返す大人にきびや毛穴の汚れに挑みます。

またそれ以外にも不要な角質をふきとり毛穴づまりを防ぐ角質ケアや、しっかり保湿しニキビをケアする保湿ケアなど、ライン使いをすることで肌トラブルの原因をひとつずつ取り除いてくれるので、使い続けるほどに健やかなお肌へと導かれます。

無香料、無着色、石油系界面活性剤、動物性原料不使用、アレルギー/累積刺激テスト済み、ニキビのもとになりにくい処方で、肌へのやさしさにもこだわっています。

アクポレスのラインナップ

アクポレスのスキンケアは、ひとつひとつにしっかりとした役割と機能性があります。それぞれを詳しくみていきましょう。

クレイクレンズ(洗顔料) 80g

生石けんならではのすばやい泡立ち、クレイによる汚れ吸着力が特徴。4種類のクレイ成分が毛穴の奥の汚れや余分な角質を吸着、除去するのを助け、またマヌカハニーは抗菌作用や優れた保湿力を発揮します。

もっちりとした濃密な泡が毛穴をきれいにしながら、洗い上がりはしっとり。さわやかな柑橘系の香りです。

リフレッシュスキントナー(薬用ふきとり美容水) 100mL

毛穴づまりの原因となる不要な角質をやさしく拭き取る美容水。乳酸、リンゴ酸が肌表面の不要な角質を取り去ることを助け、すべすべ肌へ整えてくれます。また収斂効果のある天然の成分が肌を引き締め、ライスパワーNo.6エキスが皮脂分泌を抑制し、グリチルリチン酸2Kが抗炎症成分としてお肌に働きかけ、クリアな素肌へと導きます。

ポアミルクジェリー(薬用ミルクジェル) 50g

こちらは毛穴用のジェル。ライスパワーNo.6エキスが毛穴の開き、角栓の黒ずみの原因となる過剰な皮脂分泌を抑制。さらに収斂効果のある天然成分が肌を引き締め、毛穴の気にならないなめらかな肌へと導きます。

アクネクリアジェリー(薬用クリアジェル) 50g

こちらはにきび用のジェル。ライスパワーNo.6エキス、グリチルリチン酸2K、サリチル酸の有効成分3種を配合し、にきびの悩みにしっかりとアプローチ。収斂効果のある4種類の天然成分が肌をひきしめ、保湿効果のあるホホバ油がしっとりとしたお肌に整えます。

にきびのあるお肌を乾燥させると逆に皮脂が過剰に分泌されるので、それを防ぐためにもたっぷりのうるおいを与えることが大切です。

モイスチュアエマルジョン(薬用保湿乳液) 50mL

うるおいを与えて閉じ込める薬用保湿乳液。ニキビを防ぐグリチルリチン酸2Kの高い抗炎症効果によりニキビの炎症を抑え、肌荒れを防止します。

基本は洗顔から乳液まで4点。ジェルが2種類ありますが、毛穴ケア用とニキビケア用の2種類あるので、自分のお肌にあわせてどちらかを選んでください。

アクポレスのメリット

アクポレスのメリットについてみていきたいと思います。

まず、アクポレスの価格帯は中価格帯に属しており、3500円から6000円で購入できます。毛穴ケア、ニキビケア、どちらも4ステップで2万円ほど。これをいきなり揃えるのはちょっと躊躇するかと思います。そこでお得なのが通販限定のセット。

メリット① 通販限定セットがお得

初めてのお客様限定で約10日間分のお試しセットがそれぞれあり、65%OFFの1400円で4点がお試しできるようになっています。

アクポレスの場合、ライン使いがかなり有効で、単品使いではあまりその効果が発揮されないと思います。ライスパワーNo.6エキスの力をじっくり試すためにも、ぜひスターターキットからはじめることがおすすめです。

メリット② ライスフォースブランド

アクポレスは知らなかったという人でも、ライスフォースは知っていた!という人も多いはず。

ディープモイスチュアシリーズはライスパワーNo.11エキスで肌の水分保持能を改善するスキンケア。徹底的にうるおい、閉じ込める力で高い人気を誇るブランドです。資本は第一三共ヘルスケア株式会社で、発売から19年、ライスフォースは流行に左右されることなく「お米のチカラ」を活かした商品開発を続けてきました。

2018年に発売されたアクポレスは、そんなライスフォースのこれまでの研究と開発に裏づけされた商品。ライスフォースブランドの中でも決して妥協しない品質とこれまで支持されてきた信頼を裏切らない結果を出すシリーズとして、今後ますます支持されていくに違いありません。

アクポレスのデメリット

では、デメリットについてもみていきましょう。

デメリット① 知名度が低い

私は当然業界人ですのでアクポレスのことは知っていましたが、意外と周りの女性達はアクポレスを知らない人が多かったです。また、アクポレスとライスフォースが結びつかない人も多いイメージでした。最近では発酵化粧品も、お米の化粧品も多く出回っていますし、大人のためのニキビ専用スキンケアもありますね。毛穴ケアに関しては特に商品数が多く、そのためなかなか抜きん出た知名度にはなっていないのかもしれません。ただし、インスタグラムや雑誌などではよく取り上げられている商品ですので、数年後には広く認知されるブランドとして成長していることでしょう。

デメリット② エタノール配合

成分にエタノールが含まれますので、お肌に合わない方はご注意ください。エタノール自体は爽快感や収斂作用、また植物成分などを抽出する際の溶剤として含まれています。エタノールが入っていることでのメリットも大きく、またニキビケア、毛穴ケア用スキンケアではよく見られるものです。

もし肌にあうか不安な方は、失敗しないためにもスターターキットでまずは試してみることをおすすめします。エタノールの配合量も各社異なるので、もしかしたら肌に合うかもしれません。

アクポレスの口コミは

アクポレスを実際に使ってみた方の感想、今回は特に10日間集中トライアルのセット購入の方の口コミを参考にのせていきます。

・お米の香りがほのかにします。全体的な印象はさっぱりするけど適度に保湿感もあり真冬でない限り乾燥肌のわたしは使えると思いました。中でも気に入ったのは 洗顔料!泡立ちが良く泡の質も悪くはない、つっぱらない。これから夏になると背中も皮脂で気になるので背中も一緒に洗いたいなって感じました。

・洗顔は想像以上にもっちり泡で、サッパリとした洗い上がりがとっても気持ち良いです。リフレッシュスキントナーは、たっぷり付けることによってしっかり汚れをオフできたと思います。サッパリして気持ち良いです。ジェルはぷるっぷるでゼリーのようなテクスチャでスーッと馴染んでくれました。乳液はみずみずしく、しっとりして乾燥知らずの肌になれそう。ニキビケアの商品ってサッパリ系で乾燥することがあったのにこちらはきちんと保湿してくれます。

・基本的に顔がべたつくのが嫌で今まで高いものも使ったことがあります。使い心地はかなり良いです。きちんと保湿してくれるのにベタつかない。でも顔はテカらないししっとりします。パサつきません。洗顔は固形でかなり固くてビックリしました。でも泡立ちが良く洗い上がりもさっぱりします。化粧水はさっぱりで水のようなテクスチャー。ジェルはかなりプルンプルンしてて気持ち良いです。最後に乳液で蓋をしますが肌に浸透してくれるのかべたつきません。

ニキビケア用のスキンケアの場合、皮脂を抑制する処方のため潤い不足が心配ですが、口コミからは、うるおいを感じられ、テクスチャーが高評価のようでした。これまで主流であった皮脂の吸着や洗い流しではなく、有効成分で皮脂を抑制しながらうるおいを与えるアクポレスは、しっかりとした原因と対策で根本から毛穴、にきびケアを行います。

まとめ

アクポレスは新規有効成分「ライスパワーNo.6エキス」の皮脂分泌を抑制する力を主力として、毛穴やにきびの悩みにより働きかけるスキンケアシリーズです。

これまでライスフォースのディープモイスチュアシリーズが主力商品でしたが、今後は両シリーズを2本柱として、日本人に古くから親しまれてきたお米×発酵が広く発信されていきます。約2年半の歳月をかけてようやく商品化されたアクポレス。真剣にニキビと毛穴に向き合って作られた商品ですので、独自のトリプル作用で多角的にケアできるアクポレスでじっくり、しっかり使ってその効果と保湿力を実感してみてください。

タイトルとURLをコピーしました